CSRナビ

ホワイトロードキャンペーン(タイ)

トヨタ・モーター・タイランド(TMT)

タイの子供たちを対象とした交通安全活動

2005年より、トヨタ・モーター・タイランド(TMT)は創業25周年を記念して1988年より取組み続けてきた交通安全キャンペーンの一環として「ミルキーウェイとその仲間たち」が各地の小学校を訪問して交通安全教育を行うプログラムを開始しました。この活動は、道路の利用者と子供たちに交通ルールに従う素養と実践を養い、交通安全問題を解決して全てのタイの道を交通事故から解放することを目指している政府の取組みを支援しています。

同プログラムでは、タイ王国政府教育省、交通警察、陸運局、及びバンコク市政府の協力の下、ゲームなどを用いてタイの子供たちに交通安全について楽しく学んでもらうトヨタ独自の活動を全国で展開しています(約100万人:1365校)*1
また、首都バンコクでは、市政府の協力の下、2004年から、3~12歳の子供たちへの交通安全教育を狙いとした「ホワイトロード*2交通公園」を開園しています。園内のコースを用いて楽しい実践的な交通安全教育に取組んでおり、これまでに約150万人*1の子供たちが公園を訪れました。
さらに、TMTは「ミルキーウェイとその仲間たち」の10章に渡るアニメーションを全国の36,000校*1の学校に配布しています。

これらの活動を通じて、TMTはこれまで約253万人*1のタイの子供たちに対して交通安全教育に取組んでおり、タイ王国政府からもその継続的な取組みを高く評価されています。

  • *12012年度時点
  • *2「ホワイトロード」:タイにおいて「安全な道」を意味する。

「ミルキーウェイ」の学校訪問の様子

「ホワイトロード交通公園」での取組みの様子

「ホワイトロード交通公園」での取組みの様子

「ホワイトロード交通公園」での取組みの様子