CSRナビ

女性活躍推進の取り組み

トヨタは、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略のひとつとして位置づけ、多様な人材がいきいきと働きがいを持って活躍するための取り組みを推進しています。女性活躍推進においては、育児や介護などをしながら安心して働き続けられるように、環境整備などの両立支援に取り組んでいます。

2018年3月改定

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定。

1.計画期間

2016年4月1日 ~ 2020年3月31日

2.当社の課題

社員に占める女性の人数が少なく、管理職に占める女性の割合が低い

3.目標

女性管理職数を、登用目標を定めた2014年時点に対し、2020年に3倍、2030年に5倍とする

4.取組み内容

取組み1:新卒採用時の女性の一定比率採用(事務系40%、技術系10%)

取組み2:育児と仕事の両立支援と、育児休職からの早期復職支援に向けた、環境整備と風土の醸成

【活動の詳細】

<両立支援>

  • 女性活躍推進のための職場風土醸成[2016年4月~]
  • 男性社員の育児参画促進[2016年10月~]
  • 在宅勤務制度の適用拡大[2016年10月~]

<早期復職支援>

  • 保育費用補助制度の利用促進[2016年4月~]

取組み3:女性管理職登用に向け、早期からのキャリア意識の形成と計画的な人材育成

【活動の詳細】

<キャリア意識の形成>

  • 本人の意識高揚とそれを後押しする支援策の推進[2016年4月~]
    (女性向け座談会の開催、グループ交流会の開催)

<計画的な人材育成>

  • 管理職向け研修プログラムの拡充[2016年4月~]

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

1.計画期間

2018年4月1日 ~ 2020年3月31日

2.内容

目標1 両立支援に関する諸制度及び両立事例の周知、理解促進

<対策>

  • 社内専用サイト等を通じた継続的な情報提供(2018年5月~)

目標2 男性育児参画の促進

<対策>

  • 男性育児者への育児参画訴求メッセージ送付(2018年10月)
  • 男性育児両立者による座談会の開催(2017年12月~)