Technology File - テクノロジーファイル 環境技術版 トヨタの環境技術の詳細をご覧ください。

テクノロジーファイル 安全技術版

電気式4WDシステム(E-Four)

トヨタ初*1

小型ハイブリッド車のために、
高性能でコンパクトなHV4WDを新開発。

電気式4WDシステム(E-Four)は機械式4WDと異なり、前輪と後輪をプロペラシャフトという軸でつながず、電気的につなぎ、エンジンではなくモーターで後輪を駆動させます。ミニバンなどの大型ハイブリッド車には高出力E-Fourを搭載しますが、新型プリウス(2015年モデル)では小型ハイブリッド車用にシステムをコンパクト化したHV4WDを開発。日常使用において4WD走行を必要とする場面を見極め、走行状況に応じて前輪駆動から4輪駆動へと自動的に制御することで、燃費向上に貢献しています。

  1. 2017年2月現在。
電気式4WDシステム(E-Four) - イメージ図

目指したのは、2WD車並みの低燃費。

新型プリウス(2015年モデル)のHV4WD(E-Four)搭載車は、JC08モード走行燃料消費率34.0km/Lを達成。3代目プリウスの2WD車(32.6km/L)を超える低燃費を実現しています。引き摺り抵抗低減技術を多数織り込むなど、低燃費化を徹底的に追求しました。

■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

JC08モード 34.0km/L

東北や北海道の雪道で繰り返した走行テスト。

新型プリウス(2015年モデル)は、雪道での難所となる轍(わだち)やスロープ、駐車場、マンホールなどもスムーズにクリアできるように、積雪の東北や北海道で何度も走行テストを行い、日常使用における性能を確かめました。また、北海道で徹底的に走り込みを行うことで、システムの信頼性を高めました。

雪道で繰り返した走行テスト

ラゲージスペースも2WD車と同等の広さを。

HV4WDのシステムユニットは、高出力E-Fourシステムに比べ質量・大きさともに、約75%*2のコンパクトサイズ。2WD車とほとんど変わらない荷室空間を確保できます。

  1. 社内測定値。
75%小型化

項目の一覧に戻る

国や地域、車種によって仕様は異なります。

エコカーラインナップ

  • HV ハイブリッド車HV ハイブリッド車
  • EV 電気自動車EV 電気自動車
  • PHV プラグインハイブリッド車PHV プラグインハイブリッド車
  • FCV 燃料電池自動車FCV 燃料電池自動車
  • Gasoline/Diesel Vehicle ガソリン車/ディーゼル車
  • Facebookシェアする
  • Twitterツイートする
  • google+共有する

ページトップ