広大な広さの試験場

ドライバーを危険から守り、より安全な車を作るために衝突実験は欠かすことができません。
実車での衝突実験は、例えば、縦280m、横が最大で190m、延床面積が約44,000m2という広大な広さの衝突試験場で行われています。
では、その衝突実験はどのくらいの頻度で行われているのでしょうか?
トヨタでは実車(全て新車)を使用した衝突実験を、他の衝突実験場も含め、年間約1600回以上行っています。
衝突実験により実験に使われたクルマは壊れてしまいますが、何度も何度も繰り返すことで、様々な状況に対する答えを導き出すことができます。

  • Refreezing
    Vehicle Inspection Under The Glass Pit
  • Insolation Test
    Dummy Setting