最先端のテクノロジーが創る未来のクルマと豊かな暮らし

2016 International CES JANUARY 6-9

技術革新から生まれる未来のつながるクルマ社会。

米国ネバダ州ラスベガス市で開催されたテクノロジーの最新情報を提供する世界最高峰の舞台、2016 International CESにおいてトヨタはつながる技術の取り組みを紹介。ビッグデータを活用した新しいマルチメディアをはじめ、自由に安心して移動できる社会に向けての人工知能技術の取り組みや、進化を遂げた将来の燃料電池車「TOYOTA FCV PLUS」など多くの注目が集まりました。

ビッグデータを活用する新しいマルチメディア。

ビッグデータを基に進化したマルチメディアをデモを通じて紹介。トヨタは安心で快適な社会、スマートモビリティ社会の実現に向け、先進の通信技術でクルマとドライバーをつなぎます。単に情報を交換するだけでなく、心まで通わせる親密なコミュニケーションの実現に貢献していきます。クルマをもっと身近に、パートナーのような存在として進化させていきます。

 

米国に人工知能技術の研究・開発を行う新会社Toyota Research Institute, Inc.(TRI)を設立。
誰もが安心して安全・自由に、より豊かに暮らすことができる社会の実現に向けて。

人工知能技術を通じてビッグ・データを活用することにより、これからの社会が直面する様々な課題を解決し、将来の持続可能なモビリティ社会の実現のため、TRIを技術イノベーションの拠点として人工知能技術の研究・開発を加速させます。

「Mobility Teammate Concept」とは、人とクルマが同じ目的で、時に見守り、助け合う、気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築くトヨタ独自の自動運転の考え方です。人工知能技術の活用先のひとつとしてすべての人が、安全、スムース、自由に移動できる社会の実現を目指し、これらの自動運転技術の開発を強化していきます。

 

エコカーから“エネカー”へ
「TOYOTA FCV PLUS」が北米初出展。

進化を遂げた将来の燃料電池自動車(FCV)コンセプトモデル「TOYOTA FCV PLUS」はエネルギーを消費するだけでなく、社会に分散する発電装置として機能する役割も担います。燃料である水素から電気をつくり、クルマとしての役目を終えた後でも電力を供給。エネルギーを「つくる」「あげる」「つづける」という3つの視点で社会のプラスに貢献します。また排水は水のみ。未来の生活を支え環境に配慮した革新的なモデルが初めて北米で出展されました。

 

機械が持つ本来の魅力で、人とクルマの関係を再構築する「TOYOTA KIKAI」。

「TOYOTA KIKAI」とはクルマを人の手が生み出す“機械”と捉え、その美しさ、精巧さ、あたたかさ、動きのおもしろさなど、豊かな機械の魅力を伝えるコンセプトカーです。従来のクルマの常識にとらわれない、新たな魅力や機械と関わる喜びを感じてほしいという想いから開発しました。今まで見えなかったものに気づく、モノに触れる暮らしの喜びを提案します。

 

世界の最先端テクノロジートレンドを探る世界最大レベルの舞台。

40年以上にわたり革新者や革新的テクノロジーのための市場投入の可能性を探ってきた舞台「International CES」。世界中から最先端のテクノロジーが集まる場所で、トヨタは2013年「自動運転の実験車両」、2014年には超小型EV「i-ROAD」、次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」、2015年には燃料電池関連の特許実施権を無償で提供することを発表。多くの反響をいただき、未来へ向けての大きな可能性を示してきました。

 

レコメンド

車両データをビッグデータとして活用する挑戦

日本を走る約300万台のトヨタ車両から得られる車両データは、まさにビッグデータ。
例えばクルマが急ブレーキをかける回数が多い場所を危険地点として設定。さらに、その場所の路面状況をクルマのバックカメラを使って撮影し、白線のかすれ具合や、視界を遮る建物などの情報を収集する事で、交通安全に貢献。実用化に向けて、様々な実験が進んでいます。

 

レコメンド

つながる未来のつながるクルマとは?

未来のクルマは、ただの移動手段として、個性のない存在となっていくのでしょうか?トヨタの答えはNOです。今よりもっと人とクルマの親密な関係になって欲しいという想いを込めたコンセプトカーToyota FV2は、「直感で通じ合うこと」をテーマに、カラダの動きに連動した運転操作と、ココロの動きに連動した機能を実現していきます。

 

レコメンド

人・クルマ・コミュニティの未来を想う「スマートモビリティ社会」。

トヨタは低炭素社会の実現に貢献する"スマートモビリティ社会"というヴィジョンを掲げ、4つの領域で挑戦を続けています。新たな技術、新たな発想で人・クルマ・コミュニティをそれぞれつなぎ、今よりずっとエコで快適なクルマ社会へ。トヨタはそんな夢を、少しずつ現実へと変えてゆきます。

 

レコメンド

都市交通の革新を目指す、グルノーブル実証実験。

トヨタは、さまざまなパートナーとともにフランス・グルノーブル市にて3年間、超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画します。この実験により、都市内の移動が格段にスムーズになり、同時に渋滞も緩和していきます。

今後の人口増加により、移動ニーズの増加が見込まれます

移動手段の多様化により渋滞が緩和され、低炭素社会の実現を目指します

グルノーブル実証実験について