GENEVA MOTOR SHOW 2014

MARCH 4-16

スイス ジュネーブで開催されている「ジュネーブモーターショー2014」において、水素社会の実現に向けてデザインされたコンセプトカー、次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」、人とクルマがつながる未来のためのコンセプトカー「TOYOTA FV2」を出展しました。

  • FCV
  • FCV
  • FCV
  • FCV

次世代燃料電池車 (FCV) がヨーロッパデビュー!

次世代燃料電池自動車(FCV)が欧州デビューを果たしました。
実用性の高いセダンタイプのコンセプトモデル。
車両の開発には、トヨタが培ってきたハイブリッド技術をコアテクノロジーとして応用しています。
ガソリンに代わる燃料である水素は、環境にやさしく、さまざまな原 料からつくることができるエネルギー。
トヨタは、「サスティナブル・モビリティ」実現に向けての理想的なクルマとして、その早期普及を目指しています。

  • FV2
  • FV2
  • FV2
  • FV2

トヨタが描く"つながる未来のクルマ"「TOYOTA FV2」

未来のクルマは、ただの移動手段として、個性のない存在となっていくのでしょうか?
トヨタの答えはNOです。クルマと最先端のIT技術が融合した先には、今よりもっと人とクルマの親密な関係が待っているはず。
そんな想いをカタチにするために、いま、新たに開発を進めているのが、コンセプトカーFV2。「直感で通じ合うこと」をテーマに、カラダの動きに連動した運転操作と、ココロの動きに連動した機能を実現していきます。

TOYOTA FV2TOYOTA FV2TOYOTA FV2
TOYOTA FV2TOYOTA FV2TOYOTA FV2

モーターショーの詳しい情報はこちら

スマートモビリティ社会の実現へ。まだまだこんなTOYOTAの挑戦。