協調型ITS

information
car
car
car

Thank You

signal
antenna

クルマと道路がつながります。

前方で発生した渋滞情報を、道路脇に設置されたITS*スポットからキャッチ。危険を予測して、衝突などのリスクを減らすことができます。
*インテリジェント・トランスポート・システムズ

replay
car
car
car
sensor
sensor
sensor
sensor

Thank You

Thank You

Thank You

signal
signal
signal
signal
information
information
information
information

クルマとクルマがつながります。

前後のクルマが通信し合うことで、安全な車間距離をキープした隊列走行が可能になります。渋滞の緩和にもつながるため、ストレスのないドライブを楽しめます。

car
building
signal

Thank You

Thank You

ball
ball
Children

クルマと歩行者がつながります。

通信により、歩行者が近くにいることをクルマが察知。見通しの悪い交差点などでの急な飛び出しにヒヤっとせずにすみます。

「交通事故ゼロ」に向けて。

トヨタの究極の願い「交通事故ゼロ」に向けて。ITS技術でクルマとクルマ、クルマと歩行者、クルマと道路をつなげ、安全な交通社会の実現に貢献していきます。

双方向通信によりドライバーの安全運転を支援

「自動運転技術×ITS」を採用した革新的なシステムの実用化、推進中。

トヨタは、交通事故ゼロを達成するための大きな一歩となる新技術の実用化を進めています。それが、次世代の高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト」。先進の自動運転技術を採用した「レーントレースコントロール」とITS技術でクルマ同士の通信をかなえる「通信利用レーダークルーズコントロール」を連携させたこのシステムが、高速道路を走行するドライバーにかつてない安心感をもたらします。

 

車車間通信により、ドライブに新しい快適を。

クルマ同士の通信をかなえる「通信利用レーダークルーズコントロール」は、前方のクルマの加減速情報を、後方のクルマにリアルタイムで共有することで、従来の追従走行技術よりも緻密でムダのない車間制御を実現。まるで連結したかのような安定した隊列走行が可能になり、高速道路における安心・快適なドライブをサポートするとともに、渋滞緩和によるCO2削減、さらには燃費向上にも貢献します。

 

すでに始まっている、事故のリスクを低減するサービス

歩車間通信により、見えない危険をいち早くキャッチ。

クルマが歩行者の持つ端末と通信しドライバーに死角になっている歩行者の存在を認知させ、見通しの悪い交差点等で起きる出会いがしらの事故の低減に貢献します。

 

高速道路で渋滞情報をくれるのは、道路脇のITSスポット。

クルマと高速道路をつなぐ安全運転サポートとして、2009年度より日本で運用がスタート。カーブの先に待ち受ける見えない渋滞や合流車の存在などを、道路脇に設置されたITSスポットから受信。危険を予測できるので、事故の回避に役立ちます。

 

一般道で赤信号の見落としや、接近する車両の存在を警告。

クルマと一般道をつなぎ、安全運転を支援するシステム。信号や標識、見通しの悪い周辺の状況を交通インフラからクルマに伝え、赤信号の注意喚起や、前方に低速または停止車両がいる場合に警告します。不注意を防げるので、ドライブの安心が広がります。

 

レコメンド

人・クルマ・コミュニティの未来を想う「スマートモビリティ社会」。

トヨタは低炭素社会の実現に貢献する"スマートモビリティ社会"というヴィジョンを掲げ、4つの領域で挑戦を続けています。新たな技術、新たな発想で人・クルマ・コミュニティをそれぞれつなぎ、今よりずっとエコで快適なクルマ社会へ。トヨタはそんな夢を、少しずつ現実へと変えてゆきます。

 

レコメンド

ITS世界会議 2014

北米の高速道路に最適化。自動運転の「今」に驚きの声。

 

レコメンド

都市交通の革新を目指す、グルノーブル実証実験。

トヨタは、さまざまなパートナーとともにフランス・グルノーブル市にて3年間、超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画します。この実験により、都市内の移動が格段にスムーズになり、同時に渋滞も緩和していきます。

今後の人口増加により、移動ニーズの増加が見込まれます

移動手段の多様化により渋滞が緩和され、低炭素社会の実現を目指します

グルノーブル実証実験について