ITS世界会議 東京 2013に出展

高度運転支援システムの未来に向けたトヨタの取り組み

ITS世界会議

ITS世界会議 東京 2013について

今年で20回目を迎える、ITSに関する最大規模の国際会議。
政府や研究機関、企業など、各国のITS関連団体が、論文や展示、デモンストレーションを通じて、最先端の技術や製品を発表します。
本年度は、10月14日(月)〜18日(金)の6日間、東京ビッグサイトで開催。
詳しくはこちら

※ITS(インテリジェント・トランスポート・システム)とは、情報技術を用いて、クルマと人、路、町などを結び、事故や渋滞などの解決を図る新しい交通システムのこと。

トヨタの究極の願い、「交通事故ゼロ」に向けて。
ITSを使った高度運転支援システムの実用化を推進。

トヨタは、モビリティ社会の主役であるドライバーの喜びを第一に考え、クルマを操る楽しみを損なうことなく、安全で快適なドライブを提供する高度運転支援システムの実用化に向けて取り組んでいます。今回のITS世界会議では、その最新の事例を公道でデモンストレーション。
ここでは、その中でも特に注目度の高い、クルマとクルマがつながる車車間通信技術により、高速道路での安全走行はもちろん、渋滞緩和や燃費向上にも貢献する機能をご紹介します。

通信利用レーダークルーズコントロール

スムーズな隊列走行を実現して渋滞を緩和する、通信利用レーダークルーズコントロール。

ITS技術である車車間通信を活用し、前方のクルマの加減速情報を、後方のクルマに リアルタイムで共有することで、従来の追従走行技術よりも緻密でムダのない車間制御を実現。 まるで連結したかのような安定した隊列走行が可能になり、高速道路での安心感を高めるとともに、渋滞緩和や燃費向上にも貢献します。

FIND OUT MORE

急カーブでも車線に沿った走行をサポートする、レーントレースコントロール。

レーントレースコントロールは、自動運転技術を利用した全く新しいシステムで、カメラやミリ波レーダーの高性能化、制御ソフトの高度化などにより、あらかじめ適正な走行ラインを算出。導いたラインを逸脱しないよう、ステアリングと駆動力、制動力を、全車速域で適切に制御するため、急カーブや渋滞時でも安全な走行が可能です。

FIND OUT MORE

TOYOTAの高度運転支援システム「Automated Highway Driving Assist」TOYOTAの高度運転支援システム「Automated Highway Driving Assist」TOYOTAの高度運転支援システム「Automated Highway Driving Assist」

Automated Highway Driving Assist

トヨタが新たに開発した先進の高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビングアシスト」をムービーでご覧いただけます。