ITS世界会議ボルドー2015

October 5th -9th

世界初、協調型ITSを実用化

交通事故ゼロの実現を目指すトヨタは、協調型ITSの一部を世界で初めて実用化。日本で先行導入された技術を紹介して来場者の注目を集めました。さらに自動運転技術や次世代都市交通システムについても最新の取り組みを展示しました。

よりスムーズな走行を実現する車車間・路車間通信技術。

クルマ同士で加減速情報をやりとりする車車間通信や、道路脇のセンサーから対向車や歩行者の情報を受け取る路車間通信もいち早く実際の公道で実現しました。一方で、協調型ITSにはまだまだ導入が待たれる多くの技術があります。トヨタはそれらの一刻も早い実用化に向け、研究開発のスピードを上げていきます。

 

高速道路走行を想定する自動運転技術

高速道路で安定してスムーズな走行を可能とする、自動運転技術や高度運転支援システムについて、パネル・映像を通じて紹介しました。またトヨタが考える自動運転、Mobility Teammate Conceptの映像も紹介しました。

 

仏グルノーブル市で始まっている、「Ha:mo」の取り組み。

公共交通機関と超小型EVを組み合わせて、よりスムーズで快適な都市交通の姿を実現する取り組み「Ha:mo(ハーモニアス・モビリティ・ネットワーク)」。トヨタブースでは、その一環として仏グルノーブル市で進められる大規模な実証実験プロジェクトの様子を映像などで紹介。実証実験で導入され、爽快な乗り味が人気を呼ぶ3輪式超小型EV「TOYOTA i-ROAD」は多くの反響を呼びました。

 

情報通信技術で、より安全なクルマ社会を。今年で22回目を迎えるITS世界会議。

自動車メーカーのみならず政府や研究機関など、世界中のITS 関連団体が一堂に集まり新技術を発表するITS世界会議。2015年は、仏ボルドー市で開催されました。「交通事故ゼロ」を目指し、トヨタは第1回目から継続して参加しています。

 

レコメンド

ドライバーのミスを未然に防ぐ、先進の自動運転技術。

トヨタは、ミスや不注意による事故を防ぐため、より安全で快適な高度運転支援システムの実用化を進めています。たとえば高速道路の白線を読み取り、ラインを逸脱しないよう、ステアリングと駆動力、制動力を制御する「レーントレースコントロール」。また、前後のクルマで互いの情報をやりとりする車車間通信技術に、併せてミリ波レーダーも活用し、より緻密でスムーズな車間制御も。さらに、死角となる左後方のクルマの存在を車線変更時に知らせる「車線逸脱警報」や、カーブの先の停止車両を通知する「追突警報システム」など、さまざまなシーンを想定し、幅広い運転支援技術を開発中です。

 

レコメンド

「道」から届く情報で、事故のリスクを事前に回避。

クルマと道をつなぎ安全運転を支援、交通インフラから安全を叶える先進のシステムもトヨタは推進しています。道路脇に設置されたITS スポットが、そのときの道路状況や歩行者状況をキャッチ。たとえば見通しの悪い場所での赤信号や歩行者の存在、カーブの先の渋滞などを捉え、事故の危険を予測。手前を走るドライバーに未然に知らせ、効果的に注意を促します。

information
car
car
car

Thank You

signal
antenna

クルマと道路がつながります。

前方で発生した渋滞情報を、道路脇に設置されたITS*スポットからキャッチ。危険を予測して、衝突などのリスクを減らすことができます。
*インテリジェント・トランスポート・システムズ

replay
car
car
car
sensor
sensor
sensor
sensor

Thank You

Thank You

Thank You

signal
signal
signal
signal
information
information
information
information

クルマとクルマがつながります。

前後のクルマが通信し合うことで、安全な車間距離をキープした隊列走行が可能になります。渋滞の緩和にもつながるため、ストレスのないドライブを楽しめます。

car
building
signal

Thank You

Thank You

ball
ball
Children

クルマと歩行者がつながります。

通信により、歩行者が近くにいることをクルマが察知。見通しの悪い交差点などでの急な飛び出しにヒヤっとせずにすみます。

協調型ITSについて

 

レコメンド

人・クルマ・コミュニティの未来を想う「スマートモビリティ社会」。

トヨタは低炭素社会の実現に貢献する"スマートモビリティ社会"というヴィジョンを掲げ、4つの領域で挑戦を続けています。新たな技術、新たな発想で人・クルマ・コミュニティをそれぞれつなぎ、今よりずっとエコで快適なクルマ社会へ。トヨタはそんな夢を、少しずつ現実へと変えてゆきます。

 

レコメンド

都市交通の革新を目指す、グルノーブル実証実験。

トヨタは、さまざまなパートナーとともにフランス・グルノーブル市にて3年間、超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画します。この実験により、都市内の移動が格段にスムーズになり、同時に渋滞も緩和していきます。

今後の人口増加により、移動ニーズの増加が見込まれます

移動手段の多様化により渋滞が緩和され、低炭素社会の実現を目指します

グルノーブル実証実験について