次世代都市交通システム

person
person
car
station
station
arrow
train

reserved

iRoad
iRoad
bike
bike
GOAL
GOAL

クルマと新しい移動手段がつながります。

クルマだけで移動するのではなく、電車を乗り継いで目的地の最寄り駅まで行き、そこからさらに超小型EV・電動自動車を利用してゴールを目指せます。スマートで環境に優しい移動スタイルの誕生です。

replay

交通渋滞を低減し、CO2削減に貢献します。

クルマと公共交通機関、ワンマイルモビリティをつなぎ合わせて、ストレスフリーな移動を実現します。

快適で低炭素を実現する都市交通システム

マルチモーダルナビゲーションシステム

i-ROADをはじめとしたワンマイルモビリティを、町で快適に活用するための次世代交通システムが「マルチモーダルナビゲーションシステム」。その時々の交通状況に応じて、クルマと多彩な公共交通機関、そしてi-ROADをはじめとしたワンマイルモビリティを組み合わせ、一人ひとりに合った効率的なルートをスマホにお届け。渋滞や CO2の削減に貢献することで、あなたの町をクリーンで暮らしやすい町に変えていきます。

 

ちょっと乗るのに最適な"ワンマイルモビリティ"。

駅からお店や病院、オフィスなどの目的地へ。そんなちょっとした移動に便利に使えるトヨタの新しいシェアリングサービスに、i-ROADやCOMS、電動アシスト自転車が導入されます。街中をスマートに駆け抜けて、目的地が近づいたら最寄りの専用ステーションに乗り捨てればOK。かつてないほどエコでスムーズな移動が実現します。

 

マルチモーダルナビゲーションシステムの利用イメージ

パーソナルモビリティ TOYOTA i-ROAD

i-ROADそれは、新しい移動のカタチ。

「コンパクトで爽快なモビリティ」をテーマにトヨタが最新技術を注ぎ込んで開発した、都市部の近距離移動ニーズに応える新ジャンルの乗り物。それが、3輪式超小型EV「i-ROAD」。通常の車のように所有できるパーソナルモビリティとしてはもちろん、シェアリングとしての活用であるワンマイルモビリティサービスとしての利用も広がっていきます。

 

クルマともバイクともひと味違う、一体感あふれる走り

i-ROADの走り。それは、あなたが今までハンドルを握ったことのあるどの乗り物とも違う新感覚。新開発のアクティブリーン機構を採用することで、ハンドル操作による旋回時や段差、傾斜路面でも、左右前輪が上下して車体の傾きを最適かつ自動的に制御。これにより、ドライバー自身が車両のバランスを保つ必要がなくなり、安定した走行が可能に。クルマともバイクとも別次元の、一体感に満ちた爽快な走りを体感できます。

 

省スペースに大きく貢献する、小さなボディ。

そのボディサイズは全幅870mmと超小型。車線を占有することなくスムーズに走行できて、駐車時に必要なスペースは通常のクルマの1/2〜1/4。
もちろん、室内の快適性にもしっかりと配慮。天候に左右されないように屋根とドアを備え、また静粛性も抜群のため心地よく音楽を楽しむことができます。

 

1回の充電で50km走れる、やりくり上手なパフォーマンス。

リチウムイオン電池を搭載した高効率のEVパワートレーンを採用することで、1回の充電で50km*の走行を実現。また、充電には夜間電力や太陽光などの自然エネルギーで発電された電力を活用できるので、地域のエネルギー負荷も軽減できます。
*一充電走行距離50km(30km/h 定速走行時/2016年仕様のバッテリー想定・2014年スタート時は42km)

 

レコメンド

人・クルマ・コミュニティの未来を想う「スマートモビリティ社会」。

トヨタは低炭素社会の実現に貢献する"スマートモビリティ社会"というヴィジョンを掲げ、4つの領域で挑戦を続けています。新たな技術、新たな発想で人・クルマ・コミュニティをそれぞれつなぎ、今よりずっとエコで快適なクルマ社会へ。トヨタはそんな夢を、少しずつ現実へと変えてゆきます。

 

レコメンド

都市の移動をもっと、自由に。「OPEN ROAD PROJECT」

都市に住むユーザーに自由な移動を提供するために、プロダクトの開発のみならず、新しいサービスまでをも含めた、新しい移動体験の開発に取り組むプロジェクトがスタートしました。
このプロジェクトは、2015年7月より1年間。企画や開発をトヨタ内で完結させてしまうのではなく、一般の方々、スタートアップ、大手企業など、組織の大きさは様々ながら、同じビジョンを持った人たちとのコラボレーションを通じてこれまでにない自由を都市での移動に実現させていきます。

 

レコメンド

世界初、豊田市でTOYOTA i-ROADが公道へ。

豊田市でも始まっている次世代都市交通システムの実証実験。その実験の一環として2014年3月、TOYOTA i-ROADが世界で初めて公道を走行。多くの市民の皆さんが、クルマとひとつになる新感覚の乗り心地を体感しました。

 

レコメンド

都市交通の革新を目指す、グルノーブル実証実験。

トヨタは、さまざまなパートナーとともにフランス・グルノーブル市にて3年間、超小型EVカーシェアリングの実証実験に参画します。この実験により、都市内の移動が格段にスムーズになり、同時に渋滞も緩和していきます。

今後の人口増加により、移動ニーズの増加が見込まれます

移動手段の多様化により渋滞が緩和され、低炭素社会の実現を目指します

グルノーブル実証実験について