TOKYO MOTOR SHOW 2013 REPORT

トヨタの描く、誰もが快適に暮らせる未来。それは、「つながるクルマ」から始まります。

トヨタの夢。それは、人とクルマのコミュニケーションを心まで通うような親密なものに変え、暮らしの舞台となる社会そのものを快適と安心で満たすこと。
その実現に向け、クルマと最先端のIT技術を融合した「つながるクルマ」の開発を進めています。
ここでは東京モーターショー2013で発表した、トヨタの描く未来のカタチをご紹介します。

  • FV2正面
  • FV2横
  • FV2上
TOYOTA FV2 - 第43回東京モーターショー2013TOYOTA FV2 - 第43回東京モーターショー2013TOYOTA FV2 - 第43回東京モーターショー2013

ココロもカラダもつながる感動を味わえる、未来のクルマ「TOYOTA FV2」。

「FV2はドライバーと過ごす時間とともに成長し、絆が深まるクルマ」。開発責任者であるこの盛合氏の言葉の通り、今回の東京モーターショーで世界初披露となった新コンセプトカーFV2は「直感で通じ合えること」をテーマに誕生。カラダの動きとダイレクトに連動した運転操作と、膨大な蓄積データをもとにあなたのココロを先読みして、望み通りの提案をすることなどを叶えます。この未来の1台の開発を通じて、トヨタは人とクルマの距離をさらに縮めていきます。

まるでスキー感覚。
体重移動に合わせて車両を操作。

クルマとの一体感を高めれば、運転の楽しさも安心感も高まるはず。そこでFV2は、立ったまま運転できるライディングモードを採用。前後左右の体重移動に合わせて、自由自在な運転を楽しめます。

乗れば乗るほど、ココロを
読み取れるクルマに成長。

クラウドデータセンターにつながるFV2は、ドライバーとの様々なコミュニケーションを経験的なデータとして蓄積。さらに今後搭載する予定の人工知能により、体調・感情・気分などココロまで読み取ることが可能に。そうしたすべてのデータをもとに、あなたの望みを先読みした最適な提案を導きます。

1

TOYOTA FV2をはじめ、クルマと人をつなぐコミュニケーションを詳しく知りたい方は「次世代テレマティクス」ページへ。

FIND OUT MORE

TOYOTA i-ROAD - 第43回東京モーターショー2013TOYOTA i-ROAD - 第43回東京モーターショー2013TOYOTA i-ROAD - 第43回東京モーターショー2013

都市をスマート&クリーンに駆け抜ける3輪式超小型EV「TOYOTA i-ROAD」。

「コンパクトで爽快なモビリティ」をテーマに生まれた、3輪式超小型EV「i-ROAD」。全幅850mmの省スペースボディのため、取り回しが良く狭い道もカーブもスイスイ駆け抜けることができます。さらに駐車時に必要なスペースは通常のクルマの1/2〜1/4。
都市における渋滞緩和やCO2削減を実現する新しい移動のカタチが、あなたの毎日をさらに快適に。

かつてない一体感。クルマともバイクともひと味違う走り。

開発責任者の谷中氏が言う「バイクの小回りの良さと、クルマの安定感を融合した走り」という言葉の通り、i-ROADのパフォーマンスは新感覚。その機敏な走行を支えるのが、新採用のアクティブリーン機構。ハンドル操作による旋回時や段差、傾斜路面でも左右前輪が上下して車体の傾きを最適かつ自動的に制御するので、他のどの乗り物とも違う心地よい一体感を味わえます。

i-ROADのある暮らしに触れてみませんか?

狭い路地も、急カーブも、こんなに爽快。

都市におけるワンマイルモビリティとして気軽にレンタルできるi-ROADは、近所のお店への買い物に、恋人とのちょっとしたドライブデートに大活躍。小回りも安定感も抜群だから、普段あまり運転をしない方でも、あらゆる道でストレスを感じずに乗りこなせます。

i-ROADを、多彩な交通機関と合わせて使う。

i-ROADを町で快適に活用するための次世代交通システムが、「マルチモーダルナビゲーションシステム」。その時々の交通状況に応じて、クルマやバスなどの公共交通機関とi-ROADを組み合わせた、効率的なルート案内をあなたのスマートフォンにお届けします。

3

i-ROADをはじめ、ストレスフリーな交通社会に向けた取り組みを詳しく知りたい方は「次世代都市交通システム」ページへ。

FIND OUT MORE

第43回 東京モーターショー SMART MOBILITY CITY2013 プレスブリーフィング第43回 東京モーターショー SMART MOBILITY CITY2013 プレスブリーフィング第43回 東京モーターショー SMART MOBILITY CITY2013 プレスブリーフィング

友山常務が語る、「つながるクルマ」を起点に広がる、スマートモビリティ社会の明日。

自らi-ROADを運転して壇上に現れた友山常務が語ったのは、「つながるクルマ」から始まるスマートモビリティ社会を舞台に、トヨタが今後実現していく4つの未来についてです。クルマと人がつながる「COMFORT」の未来では、クルマがドライバーの願いを先読みしてルート案内をすることが可能に。クルマとクルマがつながる「SAFETY」の未来では、クルマ同士が通信で情報交換することで渋滞や事故を低減することが可能に。クルマと町がつながる「ECOLOGY」の未来では、クルマが家に電力を供給することで家庭や町全体のエネルギー利用を効率化することが可能に。クルマと社会がつながる「CONVENIENCE」の未来では、超小型EVのシャアリングサービスを普及させることで町のCO2削減が可能に。誰もが快適で安心に過ごせる社会を目指して、これからもトヨタは暮らしの全方位から改革を進めていきます。

新たな事故防止対策として白線のかすれや視界を遮る障害物情報などの活用も検討。

トヨタは、テレマティクスサービスを搭載するトヨタ車から得られたビッグデータを、事故防止に向けて有効活用する方法を検証中。クルマが急ブレーキをかける回数が多い場所をビックデータから読み取り、危険地点として設定。さらに、その場所の路面状況をクルマのバックカメラを使って撮影し、白線のかすれ具合や、視界を遮る建物などの情報を収集。今後、これらのデータを新たな交通事故防止対策として配信していく予定です。

スピーチの最後に豊田社長も飛び入り。
未来に向けたビジョンをコメント。

サプライズゲストとして登場した豊田社長は、「クルマメーカーとして精一杯楽しいクルマを作るとともに、インフラとの協調を徹底することが大切。安心で快適なスマートモビリティ社会を、ここ日本から世界に向けて発信していきたい」とスマートモビリティ社会の実現に向けた意気込みを語った。

トヨタが目指す、スマートモビリティ社会とは?
快適で心ときめく社会に向けた取り組みを紹介するページはこちら

FIND OUT MORE