日本

トヨタ

60011785

2代目

Publica

パブリカ

発売日 1969年 4月 1日

ボデ―タイプ

セダン

SD

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード パブリカ・SL パブリカ1000・デラックス パブリカ800・スタンダード
車両型式
重量
車両型式 KP30-S KP30-D UP30
重量(kg) 690 680 635
寸法 全長(mm) 3670 3645 3645
全幅(mm) 1450 1450 1450
全高(mm) 1380 1380 1380
ホイールベース(mm) 2160 2160 2160
エンジン エンジン型式 K-B 2K 2U-C
エンジン種類 直列4気筒 直列4気筒 水平対向2気筒
排気量(cm3) 1077 993 790
最高出力kW/(PS)/r.pm -/73/6600 -/58/6000 -/40/5000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 KP30, UP30 です。
1969年4月に発売した2代目。社会環境の変化に合わせて高性能化と上級化を実施。ラインナップは2ドアセダン、2ドアバン、ピックアップ(1969年10月追加)の3種類でコンバーチブルとディタッチャブルトップは継続しなかった。

ボデーをひとまわり大きくし、エンジンは、800ccエンジンを残しながら、「カローラ」用の1100c(9月に1200ccに変更)と、それを縮小した1000ccの2種の水冷4気筒エンジンを追加。1100/1200ccエンジンはスポーティモデルのSL/SRと豪華モデルのハイデラックスに搭載。

1972年1月にはボデーパネルを一新してセミファストバックスタイルにするなど大規模な変更を実施。モデルバリエーションをファミリーシリーズとヤングシリーズに編成し直して車種を拡充すると同時に、誕生以来の空冷2気筒800ccエンジンは廃止した。
生産工場 高岡工場、日野自動車工業(株)[1970年~]、ダイハツ工業(株)[1969年9月~]
販売会社 パブリカ店
PUBLICとCARの合成語で、「国民から愛されるクルマ」の意味。名称を一般から募集し、110万通近い応募の中から決めた。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら