日本

トヨタ

60015512

1代目

Hilux

ハイラックス

発売日 1968年 3月21日

ボデ―タイプ

トラック/ピックアップ

TRUCK/PU

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード デラックス
車両型式
重量
車両型式 RN10-D
重量(kg) 1040
寸法 全長(mm) 4215
全幅(mm) 1580
全高(mm) 1570
ホイールベース(mm) 2540
エンジン エンジン型式 2R
エンジン種類 直列4気筒頭上弁式
排気量(cm3) 1490
最高出力kW/(PS)/r.pm -/70/5000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 RN10 です。
1968年3月に発売した新型ボンネット・トラック。「ブリスカ」と「ライトスタウト」の統合後継モデルで、トヨタが企画し、日野自動車(株)が開発と生産を担当した。

エンジンは「トヨエース」と同じ1.5リッター・70PSの2R型。セパレートフレーム構造で、サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン/コイルスプリング、リヤがリジッドアクスル/リーフスプリング。変速は4速MTコラムシフト。乗用車並みの装備を持つデラックスとスタンダードの2種のグレードを用意。3名乗りで積載量は1,000kg、荷台長は1850mm。1969年4月には荷台長2250mmのロングホイールベース仕様を追加し、1970年7月にはアルミバンと保冷車を加えて、1971年2月にはエンジンを1.6リッター83馬力の12R型に変更した。

小型トラックは後にキャブオーバー型が主流となるが、この時代にはボンネット・トラックの人気が高く、各自動車メーカーがラインナップしていた。「ハイラックス」は、小型ピックアップの需要が旺盛なアメリカ市場では「トヨタ トラック」の名で販売した。
生産工場 田原工場、日野自動車(株) 羽村工場
販売会社 トヨタ店
英語で「高級な」「より優れた」という意味の「High」と英語で「ぜいたくな」「豪華な」という意味の「Luxury」の合成語
カタログはこちら ニュースリリースはこちら