日本

トヨタ

60015814

1代目

Massy Dyna

マッシーダイナ

発売日 1969年 9月 1日

ボデ―タイプ

トラック/ピックアップ

TRUCK/PU

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード QC10・4t QC10-H・3.5t
車両型式
重量
車両型式 QC10 QC10-H
重量(kg) 3080 3070
寸法 全長(mm) 6350 6350
全幅(mm) 2140 2140
全高(mm) 2295 2295
ホイールベース(mm) 3445 3445
エンジン エンジン型式 DQ100 DQ100
エンジン種類 水冷6気筒頭上弁式 水冷6気筒頭上弁式
排気量(cm3) 4507 4507
最高出力kW/(PS)/r.pm -/105/3200 -/105/3200
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 QC10 です。
1969年9月に新型車として発売した「マッシーダイナ」は、積載量4tおよび3.5tのキャブオーバー型トラックで、「ダイナ」と大型トラックとの間を埋めるモデル。エンジンは日野製4.5リッターディーゼル(105PS)がメインだが、トヨタ製の3.9リッターF型ガソリン(130PS)も存在した。「マッシーダイナ」登場の背景には経済成長と歩調を合わせて4t車クラスの需要が高まりを見せていたことがあり、同じグループ内の日野自動車工業(株)のレンジャーをはじめ、いすゞ自動車(株)、三菱自動車工業(株)、日産自動車(株)、マツダ(株)各社のモデルが健闘していた。
生産工場 本社工場、トヨタ車体(株)、日野自動車(株)
販売会社 トヨタ店
「ダイナ」は「Dynamic(活力ある、機動力ある)」の短縮
カタログはこちら ニュースリリースはこちら