CSRナビ

環境への取り組み

  • CHALLENGE:1
  • CHALLENGE:2
  • CHALLENGE:3
  • CHALLENGE:4
  • CHALLENGE:5
  • CHALLENGE:6
CHALLENGE:1

新車CO2ゼロチャレンジ

「地球温暖化」を実証するように、世界中で異常気象による被害が相次いでいます。現状のまま温室効果ガスの抑制策が追加されないと、「2100年には産業革命以前からの世界の平均気温が3.7~4.8℃上昇。これを2℃未満にするためには、CO2の排出をゼロにするだけでなく、マイナスにしなくてはならない」という報告*があります。この2℃未満のシナリオの実現に向けて世界が動こうとする中、トヨタは「新車CO2ゼロチャレンジ」として、「2050年までに2010年比90%低減」に挑戦します。このため、エンジン車の燃費向上に加え、よりCO2排出量の少ない、あるいはゼロであるハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車といった次世代車の開発を促進し、普及の更なる加速を図ります。エコカーは普及してこそ社会への貢献となります。電気自動車や燃料電池自動車が普及するためのインフラ整備についてもステークホルダーの皆様と連携して進めてきます。*IPCC第3作業部会第5次評価報告書2014

「地球温暖化」を実証するように、世界中で異常気象による被害が相次いでいます。現状のまま温室効果ガスの抑制策が追加されないと、「2100年には産業革命以前からの世界の平均気温が3.7~4.8℃上昇。これを2℃未満にするためには、CO2の排出をゼロにするだけでなく、マイナスにしなくてはならない」という報告*があります。この2℃未満のシナリオの実現に向けて世界が動こうとする中、トヨタは「新車CO2ゼロチャレンジ」として、「2050年までに2010年比90%低減」に挑戦します。このため、エンジン車の燃費向上に加え、よりCO2排出量の少ない、あるいはゼロであるハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車といった次世代車の開発を促進し、普及の更なる加速を図ります。エコカーは普及してこそ社会への貢献となります。電気自動車や燃料電池自動車が普及するためのインフラ整備についてもステークホルダーの皆様と連携して進めていきます。

*IPCC第3作業部会第5次評価報告書2014

チャレンジ1:新車CO2ゼロチャレンジ(5:13)
専務役員
伊勢 清貴

ダウンロード

CHALLENGE:2

ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ

純粋にクルマが走行して排出するCO2、またクルマ製造時に排出されるCO2だけでなく、クルマの材料製造や廃棄・リサイクルの段階まで含めて排出されるCO2をゼロにしようというのが「ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ」です。たとえば次世代車の中には走行時のCO2は減るものの、素材や車両製造でのCO2は増えてしまうものがあります。そのため、材料にもこだわった環境配慮設計の取り組みを今後さらに加速し、“もっといいクルマ”を追求していきます。例えば、製造時のCO₂の排出量が少ない材料の開発、使用拡大や、材料の使用量と部品数の削減を進めます。また、廃棄・リサイクル段階のCO₂排出量を削減するために、リサイクル材、バイオ材の使用の拡大やクルマの解体を容易にする設計を一層進めていきます。

純粋にクルマが走行して排出するCO2、またクルマ製造時に排出されるCO2だけでなく、クルマの材料製造や廃棄・リサイクルの段階まで含めて排出されるCO2をゼロにしようというのが「ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ」です。たとえば次世代車の中には走行時のCO2は減るものの、素材や車両製造でのCO2は増えてしまうものがあります。そのため、材料にもこだわった環境配慮設計の取り組みを今後さらに加速し、“もっといいクルマ”を追求していきます。例えば、製造時のCO₂の排出量が少ない材料の開発、使用拡大や、材料の使用量と部品数の削減を進めます。また、廃棄・リサイクル段階のCO₂排出量を削減するために、リサイクル材、バイオ材の使用の拡大やクルマの解体を容易にする設計を一層進めていきます。

チャレンジ2:ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ(2:33)
専務役員
伊勢 清貴

ダウンロード

CHALLENGE:3

工場CO2ゼロチャレンジ

クルマは走行時にCO2を排出するだけでなく、製造時にもCO2が排出されます。そのため、気候変動を抑えるためのCO2抑制は、クルマを製造する工場のチャレンジ目標にもなります。工場のCO2排出ゼロは、製造技術の改善と利用エネルギー変更の2本柱で取り組みます。まず、製造技術としては、製造工程のシンプル化、スリム化により工程や時間を短縮しCO2を削減します。また、エネルギーの利用効率を向上させることでも、排出CO2を削減できます。さらに、エネルギーを使わない「からくり」を導入するなど、ありとあらゆる手段でCO2を減らします。使用エネルギー側の取り組みとしては、太陽光や風力発電など再生エネルギーの利用、水素エネルギーの活用でCO2を削減していきます。

クルマは走行時にCO2を排出するだけでなく、製造時にもCO2が排出されます。そのため、気候変動を抑えるためのCO2抑制は、クルマを製造する工場のチャレンジ目標にもなります。工場のCO2排出ゼロは、製造技術の改善と利用エネルギー変更の2本柱で取り組みます。まず、製造技術としては、製造工程のシンプル化、スリム化により工程や時間を短縮しCO2を削減します。また、エネルギーの利用効率を向上させることでも、排出CO2を削減できます。さらに、エネルギーを使わない「からくり」を導入するなど、ありとあらゆる手段でCO2を減らします。使用エネルギー側の取り組みとしては、太陽光や風力発電など再生エネルギーの利用、水素エネルギーの活用でCO2を削減していきます。

チャレンジ3:工場CO2ゼロチャレンジ(4:31)
専務役員
牟田 弘文

ダウンロード

CHALLENGE:4

水環境インパクト最小化チャレンジ

2050年、世界の総人口は91億人、水の需要は現在より55%増加、その影響で水不足に悩まされる人は全人口の40%にも達する、といわれています。クルマの製造では塗装や鋳造工程などで水を使用します。そのため、水環境へのインパクトを少しでも減らさなくてはなりません。対策としては、「使用量を徹底的に削減」と「徹底的に水をきれいにして還す」のふたつがあります。これまでトヨタでは、雨水貯留による工業用水利用量削減、濾過装置による水の再利用率向上、排水リサイクルによる水の再利用と排水域より高い水質で地域に還すことを推進してきました。水環境の特性は、地域によって大きな違いがあります。今後は地域の要請に合った水環境への対応を世界に広げていきます。

2050年、世界の総人口は91億人、水の需要は現在より55%増加、その影響で水不足に悩まされる人は全人口の40%にも達する*、といわれています。クルマの製造では塗装や鋳造工程などで水を使用します。そのため、水環境へのインパクトを少しでも減らさなくてはなりません。対策としては、「使用量を徹底的に削減」と「徹底的に水をきれいにして還す」のふたつがあります。これまでトヨタでは、雨水貯留による工業用水利用量削減、濾過装置による水の再利用率向上、排水リサイクルによる水の再利用と排水域より高い水質で地域に還すことを推進してきました。水環境の特性は、地域によって大きな違いがあります。今後は地域の要請に合った水環境への対応を世界に広げていきます。

*トヨタ調べ

チャレンジ4:水環境インパクト最少化チャレンジ(2:49)
専務役員
牟田 弘文

ダウンロード

CHALLENGE:5

循環型社会・システム構築チャレンジ

世界的に人口が増加し、経済発展や利便性追求により、資源消費のスピードが上がっています。このまま大量採掘が続けば資源は枯渇し、大量消費によって廃棄物が増えれば、適正な処理が追いつかず環境汚染につながります。理想的な資源循環社会(サーキュラーエコノミー)を実現するためには資源効率向上のため、1)エコな素材を使う、2)部品を長く使う、また自動車産業全体で、3)リサイクル技術の開発、4)廃車されるクルマからクルマを作る、の4本柱で取り組む必要があります。トヨタでは40年前から資源循環にチャレンジし、世界初の技術、最大の規模で世界をリードしています。今後は国内で培った技術・システムを世界へ、そして未来へと広げ、循環型社会の構築にチャレンジしていきます。

世界的に人口が増加し、経済発展や利便性追求により、資源消費のスピードが上がっています。このまま大量採掘が続けば資源は枯渇し、大量消費によって廃棄物が増えれば、適正な処理が追いつかず環境汚染につながります。理想的な資源循環社会(サーキュラーエコノミー)を実現するためには資源効率向上のため、1)エコな素材を使う、2)部品を長く使う、また自動車産業全体で、3)リサイクル技術の開発、4)廃車されるクルマからクルマを作る、の4本柱で取り組む必要があります。トヨタでは40年前から資源循環にチャレンジし、世界初の技術、最大の規模で世界をリードしています。今後は国内で培った技術・システムを世界へ、そして未来へと広げ、循環型社会の構築にチャレンジしていきます。

チャレンジ5:循環型社会・システム構築チャレンジ(3:53)
常務役員
高見 達朗

ダウンロード

CHALLENGE:6

人と自然が共生する未来づくりへチャレンジ

人と自然が共生していくためには、各地域の豊かな森や自然を守っていかなくてはなりません。しかし、世界では森林伐採が進み、1年間で日本の国土14%分の森林が失われています。トヨタのグループ各社では、地域ごとの「いい町・いい社会」を実現するために、工場の森づくり、周辺の環境保全運動、環境教育を進めてきました。今後も、これまでの知見をグループ、地域、団体の活動につなぎます。グリーンベルトで地域をつなぐ「Toyota Green Wave Project」、世界とつなぐ環境助成活動「Toyota Today for Tomorrow Project」、未来へつなぐ環境教育貢献「Toyota ESD Project」など、さまざまな活動を展開していき、人と自然が共生する未来を目指します。

人と自然が共生していくためには、各地域の豊かな森や自然を守っていかなくてはなりません。しかし、世界では森林伐採が進み、1年間で日本の国土14%分の森林が失われています。
*トヨタのグループ各社では、地域ごとの「いい町・いい社会」を実現するために、工場の森づくり、周辺の環境保全運動、環境教育を進めてきました。今後も、これまでの知見をグループ、地域、団体の活動につなぎます。グリーンベルトで地域をつなぐ「Toyota Green Wave Project」、世界とつなぐ環境助成活動「Toyota Today for Tomorrow Project」、未来へつなぐ環境教育貢献「Toyota ESD Project」など、さまざまな活動を展開していき、人と自然が共生する未来を目指します。

*トヨタ調べ

チャレンジ6:人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ(3:04)
常務役員
高見 達朗

ダウンロード

水素社会への貢献

再生可能エネルギーとCO2フリー水素活用による人と自然が共生する未来づくり

水素社会への貢献(3:50)
常務役員
高見 達朗

ダウンロード