トヨタ三重宮川山林

日本有数の多雨地域で古くから林業が行われてきた宮川流域。
かつて伊勢神宮の式年遷宮に使うヒノキを出していたこの地で、
豊かな森を未来に繋げていきたい。

トヨタ三重宮川山林の取組み

トヨタ三重宮川山林は、大台山系を源流とする宮川の上流域にあり、
その面積は約1700ヘクタール(東京ドーム約364個分)。
明治期から林業が行われ、100年生の森もあります。
トヨタは2007年、大切に育まれたこの山を引き継ぎ、
自動車事業で培ったノウハウを活用し、森づくりに取り組んでいます。

山林を守る活動

間伐の推進

20年間未整備だった暗い過密林の間伐を進め、下草が生える明るい森に。木は循環型資源です。木を使うことが森を作ることに繋がるため、間伐材の有効活用に取り組んでいます。

間伐材の活用例はこちら

山林の資源情報の
見える化
カン・コツによる山林管理から、航空写真と森林の資源調査による「データに基づく山林管理」に。
カン・コツ・慣れの
無い安全な山林作業
自動車の工場で行われている安全対応を林業の現場に導入。
労働災害の多い林業の現場で、作業の見える化をして安全基準を明確にし、災害ゼロを目指しています。

フォレストチャレンジ

2017年秋、トヨタ三重宮川山林を舞台に独自の発想で山林や森にあるもの活かし、
山と関わる人を増やす新たなプロジェクトが始動。新たに森に関わる人を応援します!

森あげプロジェクト

三重県多気郡大台町にある1700ヘクタールの森林で、
トヨタは林業再生を目指して10年、森づくりを行ってきました。

その森を舞台に、林業だけではない新たな視点で森を活用するアイデアを募集したのが
「フォレストチャレンジ 森あげプロジェクト」。

長い年月をかけて守られてきた森を次世代に引き継ぐには、
新たに森に関わる人を増やすことだと考えました。

事業計画を募集し、合宿と最終審査を経て選ばれた3名のチャレンジャーが森を舞台に活躍します。

Challengers

  • 「アートで森と地域を活かす」

    西村 浩幸 Hiroyuki Nishimura

    木を活かした彫刻家具を制作。
    これまでは、広葉樹で彫刻作品や彫刻家具を創作。宮川に豊富に眠るヒノキやスギを使ってこだわりの家具を製作し、ほしい人に届けるところまでを実施予定。

  • 「愛犬が笑う森」

    小田 明 Akira Oda

    宮川山林を人の笑い声と犬の鳴き声あふれる愛犬家のホームグランドに。
    犬と人が一緒になって自然の中で楽しめる思い出作りの場を創出。

  • 森と木と生活をつなぐモノづくりとワークショップ

    吉川 和人 Kazuto Yoshikawa

    「見て触れて楽しむ木」
    木の生活用品の開発やモノ作りワークショップを通じて、都会で暮らす人たちにも木や森を身近に感じてもらう生活を提案。

2018年4月より事業スタート

フォレストチャレンジ・フェス2018開催しました!

2018年11月24日(土)、紅葉の山々に囲まれた三重県大台町奥伊勢フォレストピアで「フォレストチャレンジ・フェス2018」が開催されました。トヨタ三重宮川山林を舞台に活動を始めたチャレンジャー3人が、大台町長ほか森に関心のある方々へ、それぞれの取り組みの紹介や、ワークショップを行いました。

<西村浩幸さん>

ヒノキを使った彫刻家具の展示のほか、西村さん率いる象鯨彫刻のメンバーによる斧やチェーンソーを使った制作デモが行われました。チェーンソーで荒どりを行い、その後に丁寧に斧で表面を削って形を整えます。西村氏の経験から「都会の人にはどこで作られたかという事が大切な要素、作品にはライブ感が現れる。Made in 大台は魅力になるはず。」という言葉、そして「海外での展覧会を開催したい」という大きな夢も語られました。

<吉川和人さん>

この日初披露されたのは吉川さんがデザインして、地元の「三重額縁」で製作されたミラーフレーム。鏡が入った額縁は、写真や絵の額とは違い、人が毎日つかう「生活の中」にある作品。
吉川さんは素材の木と向き合い、性質を知り、人が手にするものに変える、まさに森と使う人とのつなぎ役です。「森のバターナイフ作り」のワークショップでは参加者たちが自分で使うモノを素材に語りかけるように丁寧に作っていました。

<小田 明さん>

「広大な森林空間を活用したドッグラン」は、11月初旬からモニタリングイベントとして開催され、毎回満席で好評を得ていました。ドッグランは山腹に全長150mのネットを張り、愛犬をリードなしで自由に走らせることができます。ドローンで撮影した愛犬と飼い主の映像はその日のうちに確認できます。小田さんの「犬の笑顔が見たい」という思いから事業名は「Wans Laugh」に。同名のサイトではドッグランイベントの写真や動画が見られます。

当日の動画などはこちら


半年間、チャレンジャーたちは事業プランの実現に向けて取り組んできました。
今回のフェスでは、チャレンジャーたちが、初めて出会う地元の人々やイベントの参加者と交流する中で、新たな発見や取り組みの課題に対するヒントを得たようです。
チャレンジャー3名は今後もこのトヨタ三重宮川山林を舞台に、持続可能な山林ビジネスを目指します!

FSCR認証

FSC 100% 適切に管理された森林資源を使用しています FSC C084762

トヨタ三重宮川山林は「責任ある森林管理」を証明する国際的な「FSC森林認証」を2010年5月に取得しました。これからも、環境・経済・社会の3つの視点から適切な森林管理を行い、地域に愛される森林を目指します。

概要

三重宮川山林MAP

面積

人工林 1,244ha
(ヒノキ47% スギ53%)
広葉樹林 458ha
合計 1,702ha
森の取り組み 木材生産、人材育成