CSRナビ

トヨタの森

  • 森からのお手紙 トヨタの森ブログ
  • 笑顔うまれるソーシャル・アクション トヨタマゴ

トヨタの森とは

豊田市にある社有林を、かつて人々との暮らしと共にあった「里山」として整備するとともに、環境学習等のフィールドとして活用しています。
1997年に一般公開し、森内を自由に散策していただけるほか、森あそびイベントや、地域の小学生向けの自然ふれあい体験プログラムを実施しています。
トヨタの森は、多くの人々に「里山」に触れていただける地域の拠点として活動を続けています。

里山とは

都市と自然の間にあって、人々に利用されてきた森林を「里山」と言います。昭和40年頃までは、地域の人々の生活と密着していましたが、その後のエネルギー革命の影響で利用が途絶え、荒廃した状態で放置されてきました。「トヨタの森」では、昔の日本の里山をひとつのモデルとして、21世紀の里山づくりを目指しています。

年表

1992年

「トヨタの森計画」策定・調査研究開始

1996年

豊田市にある社有林で里山整備を開始

1997年

トヨタの森 オープン

1998年

環境教育プログラム「エコのもりセミナー」開催(~2005年)
整備効果を測定する「エコモニタリング」実施(~2008年)

2001年

地域の小学生を対象とした、自然ふれあい体験プログラムを開始

2003年

「里山学習館 エコの森ハウス」オープン

主な実績

1999年

「みどりの日」自然環境功労者表彰 受賞

2004年

「第24回 緑の都市賞 国土交通大臣賞」 受賞

2010年

「第1回いきものにぎわい企業活動コンテスト」審査委員長賞 受賞

2011年

「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)」スパラティブ・ステージ(最高位)認定

2015年

「第3回 みどりの社会貢献賞」受賞

2016年

来訪者数累計15万人を達成