トヨタコレオグラフィーアワード

トヨタコレオグラフィーアワード 2012 受賞者決定

トヨタ コレオグラフィーアワード 2012

「トヨタ コレオグラフィーアワード 2012」“ネクステージ”(最終審査会)を7月22日(日)に東京『世田谷パブリックシアター』で実施、各賞を下記の通り決定しました。

「トヨタ コレオグラフィーアワード」は世田谷パブリックシアターと提携し、次代を担う振付家の発掘・育成を目的に2001年より実施。今回が通算8回目。 
“ネクステージ”(最終審査会)では、197名(組)の応募の中から、選考会にて選ばれたファイナリスト6名が『世田谷パブリックシアター』において作品を上演し、審査委員・ゲスト審査委員の審査により「次代を担う振付家賞」1名、観客投票により「オーディエンス賞」1名を決定いたしました。

受賞者

次代を担う振付家賞

関 かおり Kaori Seki
幼少よりクラシックバレエ、18歳よりコンテンポラリーダンスを始め、山田うん、大橋可也等の作品に参加。2003年より自作を発表し、STスポットラボ20#18・20等に出演。また、07年より同年代アーティスト等と《群々(むれ)》を立ち上げ不定期に活動している。08年ソロ作品『ゆきちゃん』でSTスポットラボアワード受賞、同作品で踊りに行くぜ!vol.10に参加。09年より自主公演を行い、グループ作品を発表。12年岩渕貞太との作品『Hetero』により横浜ダンスコレクションEX 2012若手振付家のための在日フランス大使館賞を受賞。
http://kaoriseki.info

関 かおりPHOTO:Teita Iwabuchi

関 かおり
「マアモント」

関 かおり

オーディエンス賞

北尾 亘 Wataru Kitao
クラシックバレエからストリートダンスまで幅広くダンスに触れる。大学にて木佐貫邦子に師事。近藤良平にも出会い両氏の作品に出演する傍ら、役者としても活動。2009年ダンスカンパニー《Baobab》を立ち上げ、全作品の振付・構成・演出を行う。グループとして様々なフェスティバルへの参加やパフォーマンスイベントの主催を行い、11年『Relax/リラッッックス』にて二都市横断公演を敢行。コンドルズ振付コンペティション2010準グランプリ受賞。個人の活動としてソロ作品の創作や演劇作品への振付など多岐にわたる。
http://dd-baobab-bb.boo.jp/

北尾 亘PHOTO:Masakazu Yoshikawa

北尾 亘
「vacuum」

北尾 亘

“ネクステージ”(最終審査会)当日の様子

2012年7月22日(日) 会場:世田谷パブリックシアター

約500人のお客様にご来場頂き、熱気溢れる最終審査会となりました。6名のファイナリストが、振付作品を上演(各15〜20分)。終了後、4人のゲスト審査委員を含む計11人の審査委員による審査の結果、関かおりさんが「次代を担う振付家賞」の受賞者に決定しました。また、オーディエンス賞については、当日ご来場の観客による投票の結果により決定しました。授賞式で各賞の受賞者名が読み上げられると、会場は大きな歓声に包まれました。
「次代を担う振付家賞」受賞者は、次年度(2013年度)シアタートラムにて受賞者公演を開催します。

篠田 千明
篠田 千明 Chiharu Shinoda
「アントン、猫、クリ」

鈴木 優理子
鈴木 優理子 Yuriko Suzuki
「アンビバレンス」

岡本 優
岡本 優 Yu Okamoto
「チルドレン」

舞台写真:石川 純  授賞式写真:斉藤巧一郎

◆You Tubeで当日の演技の様子をご覧いただけます(外部サイトにリンクします)

◆当日の授賞式とインタビューの様子をご覧いただけます(外部サイトにリンクします)

トヨタ コレオグラフィーアワード2012

トヨタ コレオグラフィーアワード2012

(4分34秒)

◆ファイナリスト、審査委員、ゲスト審査委員等、“ネクステージ”開催概要はこちら

お問い合わせ

トヨタコレオグラフィーアワード事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-34-18-213
TEL&FAX: 03-3373-1166
E-mail: E-mail
Twitter @TOYOTA_AWARD
/jpn/sustainability/social_contribution/society_and_culture/
/jpn/sustainability/social_contribution/society_and_culture/tca/