日本

トヨタ

60011283

1代目

Passo

パッソ

発売日 2004年 6月 7日

ボデ―タイプ

ハッチバック

HB

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 2WD・1.3L・G 2WD・1.0L・X 4WD・1.0L・G
車両型式
重量
車両型式 DBA-QNC10-AHSDK DBA-KGC10-AHSAK DBA-KGC15-AHSCK
重量(kg) 930 900 940
寸法 全長(mm) 3595 3595 3595
全幅(mm) 1665 1665 1665
全高(mm) 1535 1535 1535
ホイールベース(mm) 2440 2440 2440
エンジン エンジン型式 K3-VE 1KR-FE 1KR-FE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC 水冷直列3気筒DOHC 水冷直列3気筒DOHC
排気量(cm3) 1297 996 996
最高出力kW/(PS)/r.pm 66/90/6000 52/71/6000 52/71/6000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 QNC10(1300・2WD), KGC10(1000・2WD), KGC15(1000・4WD) です。
2004年6月に発売した新型コンパクトカー。ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)と共同開発した、「デュエット」の後継車で、トヨタのファミリーカーラインのエントリーモデルである。ダイハツの姉妹車は「ダイハツ ブーン」。

「デュエット」に比べて、ホイールベースを70mm、全幅を65mm、全高を85mm大型化し、室内空間を拡大。一方、最小回転半径は4.3mと軽自動車並みで取り回し性にすぐれる。室内は、ユーザーの大半は女性で占められると想定し、きめの細かい配慮を行い、コラムシフトを4速ATとしたことで前席中央には、バッグ(かばん)を置くスペースを確保したほか、随所に小物入れを用意。エンジンはダイハツ製の、直列3気筒12バルブ989cc(1KR-FE)と、4気筒16バルブ1297cc(K3-VE)を設定。1リッターにはFFのほか4WDもある。
生産工場 ダイハツ工業(株) 本社第2(池田)工場
販売会社 トヨタカローラ店
「PASSO(パッソ)」は、イタリア語で「ステップ・足音」の意味。気軽に乗れる、軽やかなクルマをイメージ。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら