日本

トヨタ

60012817

1代目

Toyota 2000GT

トヨタ 2000GT

発売日 1967年 5月16日

ボデ―タイプ

クーペ

CP

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード トヨタ2000GT
車両型式
重量
車両型式 MF10
重量(kg) 1120
寸法 全長(mm) 4175
全幅(mm) 1600
全高(mm) 1160
ホイールベース(mm) 2330
エンジン エンジン型式 3M
エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC
排気量(cm3) 1988
最高出力kW/(PS)/r.pm -/150/6600
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 MF10 です。
1960年代には世界中で、優れたスポーツカーが多く誕生したが、トヨタは1964年、第2回日本グランプリ終了後から、ヤマハ発動機(株)の協力を得て高性能グランツーリスモの開発に着手。1965年の東京モーターショーでプロトタイプを発表し、1967年5月に発売した。

社内デザインによる、極めて低い車高のクーペボデーの下にはX形バックボーンフレームを備え、直列6気筒DOHC 2000ccエンジン、ダブルウィッシュボーン/コイルの4輪独立懸架、4輪ディスクブレーキ、4輪マグネシウム合金製ホイールなどは、日本の量産車としては初めて採用するものばかりだった。性能は、最高速度220km/h、0-400m加速15.9秒、0-100km/h加速8.6秒と世界トップクラスを誇った。発売までの間に、速度記録挑戦(3つの世界記録と13の国際新記録を樹立)や、日本国内だけでなくアメリカのレースにも挑戦して好成績を上げた。また、プロトタイプの2台がオープントップに改造され、映画「007は二度死ぬ(原題:You Only Live Twice)」に使われ話題を呼んだ。

1970年に終了するまでに337台を生産した。
生産工場 トヨタ自動車とヤマハ発動機(株)の共同開発
販売会社 東京トヨペット、大阪トヨペット、愛知トヨタ、および全国トヨタ店、トヨペット店系列販売店を通じて販売
2000ccのGT(Grand Tourismo)から命名
カタログはこちら ニュースリリースはこちら
動画はこちら