CSRナビ

TDRS(Toyota Disaster Recovery Support、トヨタ災害復旧支援)

トヨタは、近年の自然災害の頻発と被災者の避難形態多様化を背景に、自然災害の発生後の早い段階から被災された方の生活再建のお役に立ちたいと考え、2018年3月から新しい社会貢献活動の取り組みを始めました。

私たちは、これまで国内外の大規模災害の被災地に義援金を拠出してきました。また、2011年に発生した東日本大震災に関しては、延べ1000人を超す従業員ボランティアが被災地に赴き、家屋や側溝の清掃や農業・漁業のお手伝い等の復興支援活動を行ってきました。

「TDRS(Toyota Disaster Recovery Support、トヨタ災害復旧支援)」と名付けた今回の活動では、自動車メーカーのリソーセスや、これまで本業で培ったノウハウを活用し、「車中泊」などの新しい避難形態への対応等を従業員ボランティアが被災地に出向いて実施するなど、被災された方の気持ちに寄り添った支援をめざします。有事・平時を問わず、いつでも自動車を安全・安心に活用していただくことをお手伝いすることで、お客様の暮らしや社会全体の幸福感の向上、地域課題の改善に少しでも貢献したい、というトヨタの思いを表しています。

現時点では、以下の2分野において具体的な取り組みを実施していくほか、今後は被災地復旧に必要なボランティア支援・車両などのいち早い提供の仕組みづくりや、被災地の集積所に滞留しがちな支援物資の仕分け・輸送などへのノウハウ提供など、社内リソーセスを最大限生かした被災者・被災地支援の取り組みを順次進めていきます。

主要分野 内容
①支援ボランティアの社内育成
有事の際、現地に赴き被災者・被災地の支援活動が行える従業員ボランティアの育成
・社会福祉協議会との協働による災害ボランティアコーディネーター育成(15年~)
・上記講座修了者による災害被災地での災害ボランティアセンター運営支援(16年)

<協力>豊田市社会福祉協議会、熊本市社会福祉協議会、倉敷市社会福祉協議会

②「車中泊」避難者への支援
車中泊に役立つアイテムを「車中泊キット」としてパッケージ化、ノウハウの見える化
・外部講師から心構えや車中泊のノウハウを学ぶ社内講座の開催(18年~)
・従業員ボランティアが車中泊キットを用いて、車中泊避難者にノウハウを提供(予定)

<協力>車中泊専門雑誌「カーネル」(東京都港区)、ゼビオグループ(福島県郡山市)

車中泊キット

「車中泊キット」

<内容物>
・車窓用ネット
・携帯トイレ
・防臭ゴミ袋
・十徳ナイフ
・アルミブランケット
 
・フック付きゴムロープ
・針金
・ダクトテープ
・カラビナ

TDRS動画

シートアレンジ編 シートアレンジ編
動画を見る
(1分24秒)

便利グッズ編 便利グッズ編
動画を見る
(1分00秒)