Technology テクノロジー

これまでトヨタは、 FCV 「MIRAI 」や FC バス「 SORA 」の販売、 FC 製品事業者への FC システム販売、さらには FC関連の特許実施権無償提供など 水素社会実現に向けた取り組みを進めてきました。その中で、様々な業界において多くの 事業者の方々が自社に適合させやすいFC システムを求めていることが分かりました。
トヨタは、こうしたニーズに お応えするために、高性能化されたMIRAIのFCシステム、タンクを利用しやすい形で提供していきます。

FC module  FCモジュール

汎用性が高く搭載が容易

既存の電気機器に直接接続

電圧範囲が広く(400〜750V)、FC専用の昇圧コンバーターを内蔵したことで、モーター・インバーター・バッテリーなどを備えた既存の電気機器に直接接続することができます。

様々な出力要求、搭載スペースに適合

4タイプのモジュールを柔軟に組み合わせる事により、様々な出力、搭載スペースに適合

モジュール化による高い搭載性

FCシステム関連部品を個々に搭載する為の設計や、各部品間の接続が不要。接続箇所を集約することができるため、容易に搭載が可能

安全性・信頼性と
安心できるサポート体制

FCVやハイブリット車などの
電動車開発で培ってきた
対策を実施

「水素 を漏らさない」
「万一漏れても検知し止める」

水素の使用や高電圧の安全性については、FCVやハイブリッド車などの電動車開発で長年培ってきた対策を実施

幅広い使用環境に対応

低・高温環境や酸素量が少なくなる高地でのシステム稼働、振動対策など幅広い使用環境に対応

最適配置・設計をサポート

ご要望に応じて、経験豊かなエンジニアが、燃費や使用期間、ランニングコストなどに応じた最適配置・設計をサポート

FCモジュール概要

縦型(Type Ⅰ) 横型(Type Ⅱ)
外観
イメージ
サイズ 長さ 890 × 幅 630 × 高さ690mm 長さ 1,270 × 幅 630 × 高さ410mm
質量 約250kg 約240kg
定格出力 60kW / 80kWの2種 60kW / 80kWの2種
電圧 400〜750V

数値は目標値であり、変更となる場合もあり。

優れた基本性能

世界トップレベルの出力密度

発電時の生成水をFCスタック内部で循環させることにより、加湿器を無くしたコンパクトなシステムで、
世界トップレベルの体積あたり出力密度を実現

TCO削減に寄与

メンテナンスが簡便で少頻度で済むため、導入から使用、廃棄に至るまでの総コストを低減

H2 Tank  H2タンク

70MPa 量産タンク作りのパイオニア

世界トップレベルの水素搭載効率(6.0wt%)※

※水素搭載質量効率(weight %)=水素搭載量(kg)/タンク質量(kg)×100
トヨタは2008年より車載用70MPaタンクの量産を開始。初代MIRAIでは累計2万本超の生産実績

小容量から大容量タイプ(開発中)をラインナップ。
用途に応じた組み合わせが可能です。

G2-1 G2-2 G2-3 G2L-1 G2L-2 G2L-3 G2XL-1
公称使用
圧力
MPa 70
長さ mm 1,467 1,201 684 2,060 1,850 1,650 2,060
直径 mm 299 299 299 486 486 486 702
内容積 Litter 64.9 52.0 25.3 230.0 202.0 176.0 457.0
タンク
質量
Kg 43.0 36.7 22.6 136.0 118.0 100.9 243.8
水素搭
載量
@公称使用圧力
Kg 2.6 2.1 1.0 9.4 8.2 7.2 18.7
適合規格・基準 中国団体標準 T/CATSI
02 007-2020
UN-R134
UN-R134(2022年中取得予定)

注, 上記諸元にバルブは含みません

高い有効水素量と
独自のロバスト性能

タンク内水素の98%を使い切り可能で、航続距離UP、長時間使用性に貢献。
お客様の様々な使い方や使用環境を考慮し、法規・規格以外にも独自の高い性能目標値をクリア。(低高温、衝突安全、水素充填)