日本

トヨタ

60012578

1代目

Porte

ポルテ

発売日 2004年 7月26日

ボデ―タイプ

トールワゴン

TW

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 150r・1.5・VVT-i 130i・1.3・VVT-i
車両型式
重量
車両型式 CBA-NNP11-AGSGK CBA-NNP10-AGSGK
重量(kg) 1110 1090
寸法 全長(mm) 3990 3990
全幅(mm) 1690 1690
全高(mm) 1720 1720
ホイールベース(mm) 2600 2600
エンジン エンジン型式 1NZ-FE 2NZ-FE
エンジン種類 直列4気筒DOHC16バルブ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量(cm3) 1496 1298
最高出力kW/(PS)/r.pm 80/109/6000 64/87/6000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 NNP11(1500), NNP10(1300) です。
2004年7月に発売した新コンセプトの新型車。初代「ヴィッツ」のプラットフォームをベースに、ホイールベースを2600mm(「ヴィッツ」比+230mm)に延長し、その上に車高1700mmのミニバンシルエットのボデーを載せた5人乗り乗用車。

最大の特長は車体左側中央部に設けた間口の広い(1020mm)電動スライドドアと、ノンステップバスと同等の、地面から300mmと低いフロア高さ、である。このスライドドアと、低くてフラットなフロアは人の乗り降りだけでなく、荷物の積み下ろしも便利にした。スライド幅を750mmとした助手席や、前側を引き起こしてフロアスペースを広げる後席のシートクッション、分割可倒式の後席シートバックなどにより、室内は用途に応じた多彩な使い方が可能。

エンジンは1.3リッター(2NZ-FE)と1.5リッター(1NZ-FE)のガソリン2機種。発売当初は前輪駆動(FF)のみで、2005年12月に4WDモデルを追加。

「ポルテ」は福祉車両への適応性が高く、広いドアを活用したサイドアクセス車、助手席リフトアップシート車などを用意。前者は助手席位置に脱着シートまたは専用車椅子で乗車可能。2006年9月には、ウェルキャブに、運転席がリモコン操作だけで助手席位置へ移動し、そのまま車外へ移動して降車することが可能な「ウェルドライブシート」仕様を設定。その後もウェルキャブに対する機能の充実を図った。
生産工場 高岡工場、ダイハツ工業(株) 京都工場 [2006年3月~]
販売会社 トヨタ店、トヨペット店
「PORTE(ポルテ)」は、フランス語で「扉、ドア」の意味。車両の特徴である、大開口スライドドアにちなんだ名称。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら