当社事項
一般事項
1921年(大正10年)
7月
豊田利三郎・豊田喜一郎、欧米の紡織業視察に出発[29日]
 
 
11月
豊田佐吉、中国上海に(株)豊田紡織廠を設立[29日]
11月
ワシントン軍縮会議開催
 
 
 -
T型フォードが生産累計500万台突破(米)
1923年(大正12年)
 
 
9月
関東大震災[1日]
 
 
9月
梁瀬自動車、米国からビュイック、シボレー2,000台緊急輸入
 
 
10月
東京市、約800台のT型フォード(トラック・シャシー)を輸入、東京市営バスとして架装
11月
豊田紡織、自動織機の試験のために刈谷試験工場を設立
 
 
1924年(大正13年)
 
 
1月
東京市営バス(俗称円太郎バス)運行開始
11月
豊田喜一郎、杼換式自動織機などの特許を出願(特許第65156号)[12日]
11月
白楊社、「オートモ号」発売 (1925年上海に輸出[国産自動車初])
 
 
12月
日本フォード(株)、横浜に設立(1925年3月組立開始)
1925年(大正14年)
3月
豊田喜一郎、自動織機の予備杼溜の特許を出願(特許第65950号)
 
 
 
 
6月
クライスラー社(米)設立
10月
豊田佐吉、帝国発明協会へ蓄電池発明の懸賞金として100万円の寄付を約束
10月
白楊社、「オートモ号」上海に輸出
―国産自動車で初めての輸出
11月
G型自動織機1号機完成
 
 
1926年(大正15年)
 
 
6月
国産振興委員会設置
 
 
6月
ダイムラー・ベンツ社(独)設立
 
 
9月
ダット自動車製造(株)設立
11月
(株)豊田自動織機製作所(現 (株)豊田自動織機・以下、豊田自動織機)を設立[18日]
 
 
1927年(昭和2年)
 
 
1月
日本ゼネラルモータース(株)、大阪に設立(3月組立開始)
 
 
3月
金融恐慌始まる
1928年(昭和3年)
12月
(株)庄内川染工所を設立[15日]
 
 
1929年(昭和4年)
1月
豊田押切紡織(株)を設立[30日]
 
 
3月
中央紡織(株)を設立[19日]
 
 
 
 
5月
(株)石川島自動車製作所設立、国産「スミダ」の製造継続
9月
豊田喜一郎、欧米の自動車事情視察と特許権譲渡交渉のため出発
 
 
 
 
10月
世界恐慌始まる
12月
イギリスのプラット社とG型自動織機に関する特許権譲渡契約
 
 
 
 
 -
石川島自動車製作所、東京瓦斯電気工業、ダット自動車製造の3社が軍用保護会社となる
 
 

日本フォード・日本GMが金融会社を設立し、割賦販売を開始
1930年(昭和5年)
 
 
1月
ロンドン海軍軍縮会議開催
5月
豊田喜一郎、自動車に関する調査研究を開始
5月
国産振興委員会、自動車工業の確立方策を答申
10月
豊田喜一郎、小型エンジンを試作
 
 
10月
豊田佐吉逝去[30日]
 
 

このページの先頭へ