日本

トヨタ

60006564

2代目

Toyoace

トヨエース

発売日 1959年 3月16日

ボデ―タイプ

トラック/ピックアップ

TRUCK/PU

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 標準トラック 高床荷台 ダブルキャブ
車両型式
重量
車両型式 SK20 SK20-B SK20P
重量(kg) 1165 1195 1225
寸法 全長(mm) 4260 4285 4260
全幅(mm) 1690 1690 1690
全高(mm) 1895 1895 1905
ホイールベース(mm) 2500 2500 2500
エンジン エンジン型式 S S S
エンジン種類 直列4気筒側弁式 直列4気筒側弁式 直列4気筒側弁式
排気量(cm3) 995 995 995
最高出力kW/(PS)/r.pm -/33/4500 -/33/4500 -/33/4500
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 SK20, SK20-B, SK20P, SK20V, SK20V-B, SK20V-C です。
1959年3月に発売した2代目。セミキャブオーバースタイルのままエンジンの搭載位置を座席下に後退させて、同時にコラムシフトを採用したことで、乗車定員を2名から3名に増やした。車体サイズも僅かに大きくなり、フロントウインドウは分割式から1枚物となった。また、標準の車体色を明るい色調に変え、それと同系の濃色をキャブ下側に用いたツートーンカラーを採用した。

機構面では、エンジンの整備性を高めるため、チルトキャブを採用。エンジンは当初、33PSを発揮する1リッター(S型)であったが、1959年10月には1リッターの排気量ながら45PSを発揮する新ユニット(P型)に代えた。この後、1.2リッターの1.25t積み、1.5リッターの1.5t積みも追加し、1971年まで生産が続く、長寿モデルとなった。
生産工場 挙母工場(現 本社工場)、トヨタ車体(株)
販売会社 トヨペット店
「トヨエース」は「TOYOTA」と「Ace(第一人者、最も優れた者、切り札)」からの合成語
カタログはこちら