日本

トヨタ

60010136

3代目

Celica Convertible

セリカ コンバーチブル

発売日 1994年 9月30日

ボデ―タイプ

コンバーチブル

CP(CV)

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード CONVERTIBLE・2000・TWINCAM16 CONVERTIBLE・2000・TWINCAM16・TYPE X
車両型式
重量
車両型式 E-ST202C-BKPVF E-ST202C-BKPVF(E)
重量(kg) 1350 1330
寸法 全長(mm) 4505 4505
全幅(mm) 1750 1750
全高(mm) 1325 1325
ホイールベース(mm) 2535 2535
エンジン エンジン型式 3S-GE 3S-GE
エンジン種類 直列4気筒DOHC16バルブ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量(cm3) 1998 1998
最高出力kW/(PS)/r.pm -/170/6600 -/170/6600
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 ST202(2000), ST202C(2000), ST203(2000), ST205(2000) です。
「(6代目)セリカ リフトバック」は、剛性の向上と軽量化を図った新設計のプラットフォームによりスポーツ性を一層高めた。この新プラットフォームは「カリーナED」/「コロナ エクシヴ」も共用している。ボデーはハッチバッククーペとASCによるコンバーチブル(1994年9月発売)。全幅は1750mmに拡大して、3ナンバーとなった。エンジンは、ハイメカとスポーツ、2種の2リッターDOHC16バルブ(140PSと180PS)。最上級モデルには、新開発のスーパーストラットサスペンションを採用。そのシャープなハンドリングとステディなロードホールディングは高く評価された。1994年2月、「GT-FOUR」のWRC仕様車2,100台を国内限定販売した。

1994年9月発売の「(3代目)コンバーチブル」の幌は、先代までの油圧式から電動式に変更。同時に収納スペースを小型化したことで後席の居住空間が拡大、クーペと変わらない広さとなった。
生産工場 田原工場、(米)ASC社(American Sunroof Corporation)
販売会社 トヨタカローラ店
スペイン語で「天の」「天空の」「神の」「天国のような」という意味
カタログはこちら ニュースリリースはこちら