日本

トヨタ

60009942

1代目

Celica Liftback

セリカ リフトバック

発売日 1973年 4月 6日

ボデ―タイプ

クーペ

CP

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 2000GT 1600GT
車両型式
重量
車両型式 RA25-MQ TA27-MQ
重量(kg) 1040 995
寸法 全長(mm) 4215 4215
全幅(mm) 1620 1620
全高(mm) 1280 1280
ホイールベース(mm) 1600 1600
エンジン エンジン型式 18R-G 2T-G
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC 水冷直列4気筒DOHC
排気量(cm3) 1968 1588
最高出力kW/(PS)/r.pm -/145/6400 -/115/6400
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 RA25(2000), TA27(1600) です。
1973年4月、「セリカ」のラインナップに追加したファストバックシルエットの3ドアの2+2クーペ。1971年の東京モーターショーに参考出品した「SV-1」を市販化したもので、アウトドアライフ志向の高まりに合わせて、多用途に使えるスポーティ車として開発。

エンジンは3種類の1600ccと2種類の2000ccを用意。リフトバックの名が示すように大きなテールゲートを備え、リヤシートバックを倒すとカーゴスペースにはサーフボードやキャンプ用具など大型レジャー用品の積載も可能であった。リフトバックの登場によって、「セリカ」シリーズは2タイプ7種のボデー、2タイプ15種の内装、9種のエンジン、6種のトランスミッションを持つことになった。
生産工場 堤工場
販売会社 トヨタカローラ店
スペイン語で「天の」「天空の」「神の」「天国のような」という意味
カタログはこちら ニュースリリースはこちら