日本

トヨタ

60010598

3代目

Soarer

ソアラ

発売日 1991年 5月 7日

ボデ―タイプ

クーペ

CP

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 4.0・GT・リミテッド 4.0・GT 2.5・GT・ツインターボL
車両型式
重量
車両型式 E-UZZ31-ACPZK E-UZZ30-ACPVK E-JZZ30-ACMZZ
重量(kg) 1640 1590 1590
寸法 全長(mm) 4860 4860 4860
全幅(mm) 1790 1790 1790
全高(mm) 1340 1350 1350
ホイールベース(mm) 2690 2690 2690
エンジン エンジン型式 1UZ-FE 1UZ-FE 1JZ-GTE
エンジン種類 V型8気筒DOHC V型8気筒DOHC 直列6気筒DOHC
排気量(cm3) 3968 3968 2491
最高出力kW/(PS)/r.pm -/260/5400 -/260/5400 -/280/6200
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 UZZ32(4000), UZZ31(4000), UZZ30(4000), JZZ30(2500) です。
1991年5月に発売した3代目で、ボデーサイズを先代に対して一回り拡大。これは1989年にアメリカで立ち上げたプレミアムブランド「レクサス」のラインナップに加え、高級クーペ市場に投入するためであった。北米デザインスタジオCALTY社が担当したスタイルは、先代までのボクシーな(角ばった)イメージを一新するものとなった。パワーユニットは当初、レクサスのトップモデル「LS400 (セルシオ)」用のV8・4リッター(1997年8月の変更で廃止)と、2.5リッター直列6気筒DOHC24バルブ+ツインターボの2機種を搭載し、1994年1月に3リッター225PSエンジンを追加。サスペンションは新設計の4輪ダブルウィッシュボーンで、上級モデルには電子制御エアサスペンションを標準装備し、さらに状況を問わず車体姿勢の変化を抑えるアクティブサスペンション仕様車も用意した。これには車両の姿勢変化に応じて瞬時に後輪の向きをコントロールして車両の安定性を保つアクティブ4WSも含まれている。
生産工場 元町工場、関東自動車工業(株) [1997年5月~]
販売会社 トヨタ店、トヨペット店
英語で「最上級グライダー」という意味
カタログはこちら ニュースリリースはこちら