日本

トヨタ

60003545

4代目

Corolla coupé

カローラ クーペ

発売日 1979年 3月23日

ボデ―タイプ

クーペ

CP

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 1600・レビン 1500・SL 1300・DX
車両型式
重量
車両型式 E-TE71-ECMQF E-AE70-ECKSS E-KE70-ECKDS
重量(kg) 975 860 825
寸法 全長(mm) 4240 4105 4105
全幅(mm) 1625 1625 1625
全高(mm) 1325 1325 1325
ホイールベース(mm) 2400 2400 2400
エンジン エンジン型式 2T-GEU 3A-U 4K-U
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC 水冷直列4気筒OHC 水冷直列4気筒OHV
排気量(cm3) 1588 1452 1290
最高出力kW/(PS)/r.pm -/115/6000 -/80/5600 -/72/5600
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 KE70(1300), AE70(1500), TE70(1800), TE71(1600) です。
4代目「カローラ」のクーペは1979年3月にセダンと同時に新型となった。先代から直線的になったボデーはさらにエッジを聞かせた鋭いデザインに改められた。ホイールベースで30mm、トレッドが前25mm、後50mmとさらに大きくなった。

クーペはトランクに代えてハッチバック仕様となった。パーソナルモデルは先代同様、このクーペのほか、ハードトップと、クーペより長いルーフにテールゲートを備えるリフトバックの3種がラインナップされた。エンジンは1300cc(4K-U)、1500cc(3A-U)のほか、1600ccDOHC(2T-GEU)の3種。先代と比較して機構面での大きな変更点は、リヤサスペンションが半楕円リーフからラテラルロッド付4リンク/コイルに進化したことで、全車のフロントにサーボ付ディスクを標準装着する。
生産工場 高岡工場
販売会社 トヨタカローラ店
「カローラ」は、英語で「花の冠(花の中のもっとも美しい部分、花びらの集合体)」という意味。「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージして名づけられた。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら