日本

トヨタ

60003567

4代目

Corolla van

カローラ バン

発売日 1979年 8月27日

ボデ―タイプ

バン

VN

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 1300・スタンダード 1300・DX 1600・DX
車両型式
重量
車両型式 J-KE71V-EXKRSW J-KE71V-EXKDSW J-TE73V-EXKDSW
重量(kg) 835 840 910
寸法 全長(mm) 4105 4105 4105
全幅(mm) 1610 1610 1610
全高(mm) 1390 1390 1390
ホイールベース(mm) 2400 2400 2400
エンジン エンジン型式 4K-J 4K-J 12T-J
エンジン種類 水冷直列4気筒OHV 水冷直列4気筒OHV 水冷直列4気筒OHV
排気量(cm3) 1290 1290 1588
最高出力kW/(PS)/r.pm -/69/5200 -/69/5200 -/86/5600
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 KE71V(1300), TE73V(1600) です。
1979年3月のセダン系のモデルチェンジに引き続き、同年8月に「バン」が4代目に進化した。ボデーは2ドアまたは4ドアで、スタンダード(1.3リッターのみ)、デラックス、GLの3種のバリエーションを用意した。積載量は2名乗車時がこれまでと同じ400kgだが、5名乗車の場合は250kgと増加した。リヤサスペンションは先代から引き継いだリーフ・リジッドである。

発売当初、エンジンは1.3リッター(4K-J)と1.6リッターの(12T-J)2種のガソリンで、トランスミッションは4段MTを標準とし、1600GLの4ドアのみ3段ATが選択できた。1982年5月の小変更ではヘッドランプがセダンと同じ角型になったほか、1.6リッターのガソリンが廃止となり、1.8リッター・ディーゼル(1C)に替わった。同時にカローラシリーズに初のワゴンを追加した(エンジンは1.3リッター・ガソリン(4K-U)で、4段MTを組合せ、DXとGLの2種のグレードを用意)。

1983年、5月にセダン/クーペ系がモデルチェンジした後、8月にバンは従来モデルの小変更を行ない、ルーフを45mm持ち上げた。このとき、バンには1.5リッター・ガソリン(5K-J)を追加した。1987年8月、その年の5月にモデルチェンジしたセダンをベースとしたFFのバンとワゴンが設定されて、従来のFRのバンとワゴンに取って代わった。
生産工場 高岡工場、ダイハツ工業(株) [1984年9月~]
販売会社 トヨタカローラ店
「カローラ」は、英語で「花の冠(花の中のもっとも美しい部分、花びらの集合体)」という意味。「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージして名づけられた。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら