住宅事業

トヨタホーム

当社は、1975年(昭和50年)に住宅事業に参入して以来、「日本の住まいを本気で良くしたい」というスローガンのもと、様々な工法による戸建商品のラインナップを形成するとともに、マンション、賃貸住宅など、事業の幅を拡げてきた。

2003年(平成15年)には住宅事業強化の出発点として、「住宅事業2010年ビジョン」を策定、当社の住宅事業部門(当時)のうち商品企画、営業企画、分譲、施工支援機能を分離する形で住宅販売会社「トヨタホーム株式会社」を設立し、2004年1月に営業を開始した。

そして、2010年10月1日、開発・生産・販売が一体となった迅速な意思決定と機動的な事業運営を図るために、住宅事業の全機能をトヨタホームに統合した。

西暦
和暦
沿革
1975
昭和50
8
生産・販売の中心組織として、トヨタ自工に住宅事業部、トヨタ自販に特機部住宅課(10月)が発足
12
当社外山工場および関東自動車工業(株)横須賀工場で生産開始。販売店として関東・東海・近畿の既存自動車販売店から24社を選定。
12
「トヨタオフィス&ショップ」発売

トヨタオフィス&ショップ

1977
昭和52
2
「JA型」発売
2
「KC型」発売
4
都市銀行12行と提携
1979
昭和54
1
「JC型」発売
1981
昭和56
2
「マイライフ」発売
1982
昭和57
2
「オーク」発売
7
工販合併により住宅事業部として一本化
1983
昭和58
9
「アスペン」発売
1984
昭和59
7
「PC型」発売
1985
昭和60
3
「アスペンセピア」発売
9
「樹(こだち)」発売
1986
昭和61
3
「セラータ」発売
4
ホスト系住宅CADを導入
5
トヨタホーム用インテリア部材発売
7
「エルム」発売
7
「シーダー」発売
1987
昭和62
4
春日井事業所(トヨタ初のプレハブ住宅専門工場)が操業開始
5
「アパートメント」発売 
7
PC版の販売支援CAD“TACT”を自社開発し、販売店に展開
10
トヨタホーム専門販売会社8社(トヨタホーム愛知、トヨタホーム名古屋など)が営業開始
1988
昭和63
3
トヨタホーム栃木(株)が営業開始
4
トヨタホーム店7社(トヨタホーム群馬、トヨタホーム埼玉など)が営業開始
4
「オークフォーレ」発売
7
トヨタホーム三重(株)営業開始
9
洋風住宅「ニューアスペン」発売
10
トヨタホーム専門販売会社5社(トヨタホーム茨城など)が営業開始
1989
平成元
4
トヨタホーム店6社(トヨタホーム山梨など)が営業開始
8
住宅専門工場の栃木事業所が操業開始
9
「ラーチ」発売
9
トヨタホーム長野(株)が営業開始
1990
平成2
6
トヨタホーム仙台営業所が営業開始
8
岡山県に住宅工場建設を決める
11
3階建て住宅「セラータ エスパシオ3」発売
1991
平成3
5
住宅事業本部を新設
7
西日本地区のトヨタホーム店4社が営業開始
10
3番目の住宅専門工場「山梨事業所」が竣工
1992
平成4
6
ユニット工法による集合住宅「メゾン レシア」を発売
6
「セラータ エスパシオEL」を発売
1993
平成5
4
トヨタホーム近畿(株)設立、営業開始
1994
平成6
4
「メレーゼ」発売
10
?(株)トヨタホームテクノ設立
1995
平成7
1
20周年記念商品を発売
2
仮設住宅を建設し、阪神大震災復興支援
4
20周年記念限定商品「メレーゼC-20」発売
4
取引先の協力会「トヨタホーム連絡会」を「トヨタオーバル会」に改称
5
住宅事業20周年記念式典開催
1996
平成8
4
南関東地区トヨタホーム店5社を統合し、新生、トヨタホーム東京(株)としてスタート
4
ユニット系商品の販売支援CADをUNICS版CADへ全面改良
5
施工現場に統一VI導入
6
「シェーヌ」発売
8
朝日ソーラーホーム(株)が埼玉県で営業開始
10
「メレーゼ プレミア」を発売
12
「起業家募集」による輸入住宅の設計・販売会社(株)クレストホームズ設立
1997
平成9
3
第1回「住宅関連開発会議」開催
9
(株)ユーエスケーと住宅関連事業で提携
1998
平成10
1
信州トヨタホーム(株)設立
10
豊田市「野依台グリーンビレッジ」第2期竣工
10
阪和トヨタホーム(株)が営業開始
1999
平成11
4
ノートパソコン版営業支援CAD「IEZO」本格導入
4
「シンセAⅢ」発売
7
新・屋根型2階建て住宅「シンセAⅡ」発売
8
富士湘南トヨタホーム(株)が営業開始
10
トルコ地震で、現地で仮設住宅の建設指導
2000
平成12
1
トヨタホームローン「安心宣言」の取り扱いを開始
1
「30年住まい安心特約」をスタート
1
「住宅設備機器5年保証」をスタート
4
「シンセ・レゾン」「エスパシオGR」発売
6
「Vie α」発売
7
マンション事業に参入
8
「シンセ・オーク21」発売
10
「シンセ・ノイエ」発売
2001
平成13
1
「ATOLIS PARK(アトリスパーク)刈谷」を開設、オープン
1
全住宅部門で「ISO9001」の認証を登録
4
「シンセ・レゾンG」「シンセ・オーク21-W」発売
5
グループ会社の住宅ローンの保証会社リビングサポート(株)を設立
6
トヨタホーム、2000年度の愛知県内プレハブ戸建てランキングで1位に
6
住宅カンパニー制導入
7
「Vie α K2」発売
7
「エスパシオGX」発売
7
「シンセ・SS」発売
2002
平成14
1
「エスパシオ エフ・トラデージ」発売
1
「ふれあいコールセンター」を開設
4
「くらいデザインATOLIS PARK刈谷」に「くらし体験館」を開設
4
「Vie α ミア・カーサ」発売
4
「シンセ・スマートステージ」発売
4
新トヨタホーム専用ローン「新安心宣言」の取り扱い開始
4
栃木県と群馬県にトヨタホームの新販売会社を設立
9
「シンセ・スマートステージ-f」発売
9
中国でのスチールハウス合弁事業で契約締結
10
トヨタウッドユーホーム(株)を完全子会社化
10
「Vie αトラデージ」発売
12
セブン-イレブン・ジャパン向けにコンビニ店舗部材売買を開始
2003
平成15
1
「新安心宣言」の手数料を無料化
2
「新三カ年計画」策定
2
公開耐震実験

公開耐震実験風景

4
トヨタホーム(株)を設立(2004年1月より営業開始)
7
「エスパシオ エフ・アーバンウインド」発売
7
九州地区のトヨタホーム販売会社を再編
2004
平成16
1
ブランドビジョンとロゴマーク制定

トヨタホームロゴ

3
建築家大江匡氏との共同企画、都市型新商品「MEZZO」発売
4
「シンセ・カーダ」発売
4
「ライフサポートサービス」の提供を開始
4
春日井事業所に「ふれ愛の館」完成
5
「施工現場の工場化協議会」発足
10
「シンセ・カーダ」「MEZZO」「アトリスパーク刈谷」が2004年度グッドデザイン賞受賞
12
「トヨタ夢の住宅PAPI」完成

夢の住宅PAPI外観

12
ミサワホールディングスと資本・業務提携に向け基本合意
2005
平成17
2
メゾネット型賃貸住宅「シーズンステージ」供給開始
4
販売支援CAD「ARCH」としてユニット版と鉄軸版を統合し、開発展開
4
「シンセ・スマートステージ モア」発売
7
ミサワホームと共同分譲「ザ・フィフティワン・コモンズ守谷」を開発
11
「エスパシオ Mezzo」発売
2006
平成18
1
「シンセ・アヴェンティーノ」を発売
8
山口県の販売会社を変更、「トヨタホーム(株)さい京カンパニー」に
10
「エスパシオ Mezzo」が2006年度グッドデザイン賞を受賞
2007
平成19
4
「シンセ」シリーズ1、2、3階建ての3商品(「シンセ・ピアーナ」「シンセ・スマートステージ ミュウ」「シンセ・ヴィトロワ」)を新発売
4
トヨタホーム、年間販売5,000戸(06年度)を達成
5
関西圏で初の分譲マンションを野村不動産と共同事業で販売
10
トヨタ名古屋ビルにトヨタホーム本社を移転
12
近畿・中国・九州地域商品「シンセ・スマートステージ mother-conscious 妻にありがとうの家」発売
2008
平成20
3
ショールーム「アトリスプラザ横浜」がトレッサ横浜内にオープン
4
「シンセ・カーダ モード」発売
―60年保証「アトリスプラン」導入・実質CO2排出ゼロ
4
「エスパシオEF ガレージのある暮らし」発売
7
東北地区の販売会社を再編
―「トヨタホームとうほく(株)」
10
賃貸住宅「シンセ・スマートメゾン」発売、賃貸住宅市場に本格参入
11
制震システム「T4システム」を開発
2009
平成21
1
「エスパシオEF3?都市に暮らす、新空間?」発売
4
「シンセ・ソレスト」「シンセ・はぐみ」発売
4
蓄電機能を備えたホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)開発に着手
9
「日射制御エアリーガード」を開発
10
「エスパシオ 50カラーズ」発売
10
「トヨタ自動車とトヨタホーム、2010年10月に住宅事業を統合」を発表
2010
平成22
1
商品を総合する名称「エコミライの家」を採用
4
千葉県内の販売会社を変更(トヨタホームちば(株))
4
NPF-MG投資事業有限組合からミサワホーム(株)株式譲り受けを合意
6
新商品「LQ」発売
6
「トヨタメタポリス」に「トヨタホーム・バーチャル展示場」を出展
9
事業統合記念モデル「エコミライの家 プレミアモデル」発売
10
「エスパシオEF 都市に暮らす家」発売
10
「トヨタホーム・バーチャル住宅展示場」で実際と同様の商談ができる営業手法を開始
10

新生トヨタホームスタート

トヨタ自動車(株)住宅事業部門とトヨタホーム(株)が事業統合し、新生トヨタホームがスタート