地域別活動

中国

中国地図

戦前、トヨタは中国に天津・上海の両工場を建設し、現地組立を行っていた。

中国の国連復帰が正式に決定した1970年代初頭から、中国の自動車産業・社会の発展に貢献できるよう、トヨタは技術移転や自動車部品産業および人材育成に積極的に取組んできた。

2000年以降、本格的な車両生産・販売を開始し、現在中国での生産会社は9社、ディストリビューターは4社となっている。

中国

西暦
和暦
沿革
1936
昭和11
7
「G1型トラック」4台を中国東北部に初輸出
1938
昭和13
4
天津工場操業開始。トラック、バスの組立開始
1939
昭和14
5
上海工場操業開始。「GB型トラック」の組立開始
1940
昭和15
2
天津工場を分離し、北支自動車工業設立
1942
昭和17
2
上海工場を分離し、華中豊田自動車工業設立
1958
昭和33
2
広州、武漢の日本商品展覧会に「クラウン」と大型トラックを出品
1964
昭和39
4
新中国成立後、初の「クラウン」輸出を開始
1971
昭和46
9
トヨタ関係会社訪中団が初めて中国訪問
1972
昭和47
9
中国自動車工業代表団がトヨタを訪問
9
「ダイナ」1100台を一括受注
1978
昭和53
6
第一汽車がトヨタにて研修
11
第一汽車を訪問・視察
1979
昭和54
4
北京汽車工業公司を訪問
1980
昭和55
7
北京にTASS(トヨタ認定サービスステーション)1号店「北京市豊田汽車維修服務中心」設立
10
北京駐在員室を開設
1981
昭和56
6
長春第一汽車にて、トヨタ生産方式生産管理の指導
1982
昭和57
3
広州にてTASSを設立
1983
昭和58
5
広東物資局、機械会社訪日団がトヨタを見学
10
広東第一汽車製配廠など6工場で「トヨエース」1万6,600台のSKD組立開始
1984
昭和59
12
広州にて「トヨエース」の技術支援を提供
1985
昭和60
6
広州駐在員室発足
7
国家経済委員会(現 国家発展改革委員会)との“中国自動車発展戦略”共同研究
11
北京及び広州のサービストレーニングセンターを開設
1986
昭和61
6
中国初の北京モーターショーに参加、以降毎回参加
1987
昭和62
5
日中共同研究による自動車産業振興策を国務院に提出
6
トヨタの協力による中国初の自動車教習所が完成
 
ダイハツの技術援助により「シャレード」生産開始
1988
昭和63
11
中国金杯汽車股份有限会社との「ハイエース」車体生産技術援助契約締結
1989
平成元
4
中国金杯汽車股份有限会社との、「ハイエース」の車体生産に関する技術援助契約および型・設備売却契約の締結を発表
1990
平成2
9
中国汽車工業トヨタ金杯技能工養成センターを設立し、第1次支援を開始
1991
平成3
11
潘陽市の潘陽轎車厰で商用車の生産開始(1号車ラインオフ)、トヨタ車体も支援
1992
平成4
9
中国金杯汽車股份有限会社との追加技術援助契約締結
1993
平成5
6
トヨタモーター(チャイナ)株式会社を設立
1994
平成6
11
中国ファミリーカーシンポジウム(PSE)参加(以降1995、1996、1997年も参加)
1995
平成7
1
中国国産化技術支援センターを設立
6
北京国際自動車部品・ITS展示会に出展
10
トヨタ、中国技能工養成センターの第2期完工式典を実施
12
アクスル、デフの合弁生産会社 天津豊津汽車伝動部件有限会社を設立
1996
平成8
5
天津トヨタ自動車エンジン有限会社(現 天津一汽トヨタエンジン有限会社)を設立
1997
平成9
2
天津トヨタ鍛造部品有限会社を設立
4
北京国際自動車電子部品&ITS展示会へ出展
4
清華大学および天津大学に対して科学研究項目への資金援助および技術交流を実施
7
ステアリングの合弁生産会社 天津津豊汽車底盤部件有限会社を設立
9
日中共同流通調査研究交流会開催
12
トヨタ、中国での電気自動車試験評価プロジェクトに参加
1998
平成10
2
トヨタ自動車技術センター(中国)有限会社を設立
4
北京首都汽車へ教習用「カローラ」を贈呈
6
中国電気自動車プロジェクトへ「RAV4 EV」を贈呈
6
天津の等速ジョイント生産合弁会社、天津豊津汽車伝動部件有限会社でラインオフ式を実施
7
トヨタの天津でのエンジン生産合弁会社、天津トヨタ自動車エンジン有限会社(現 天津一汽トヨタエンジン有限会社)でラインオフ式を実施
11
四川トヨタ自動車有限会社(現 四川一汽トヨタ自動車有限会社)を設立
12
四川トヨタ自動車有限会社開業・鍬入れ式典を実施
1999
平成11
1
天津の自動車用鍛造部品生産会社、天津トヨタ鍛造部品有限会社でラインオフ式を実施
7
豊田章一郎名誉会長、日中投資促進機構会長に就任
9
技術講座セミナー実施(天津大学/清華大学)
2000
平成12
6
天津トヨタ自動車有限会社(現 天津一汽トヨタ自動車有限会社)を設立
12
四川トヨタ「コースター 号口車両」ラインオフ式
2001
平成13
4
河北省豊寧満族自治県に、植樹造林(1,500ヘクタール)を実施(10年計画)
7
トヨタ自動車(中国)投資有限会社を設立
12
瀋陽金杯客車製造とのグランビア技術援助契約締結
2002
平成14
8
第一汽車集団公司とトヨタ自動車との包括提携調印
10
天津トヨタ「ヴィオス」ラインオフ式
2003
平成15
4
一汽集団公司と天津一汽トヨタ自動車有限会社合弁契約締結
6
広州トヨタ 合弁意向書締結
7
長春一汽豊越汽車有限公司成立披露
7
一汽集団公司とトヨタ自動車「一汽トヨタ販売有限会社合弁契約」締結
7
省エネ、低公害技術で中国と共同研究
9
天津トヨタ自動車有限会社を天津一汽トヨタ自動車有限会社に社名変更
9
四川トヨタ「ランドクルーザー プラド」ラインオフ
9
一汽トヨタ自動車販売有限会社を設立
10
長春一汽豊越汽車「ランドクルーザー 100」ラインオフ
10
一汽華利汽車「テリオス」ラインオフ
11
一汽集団会社とトヨタ自動車、「一汽トヨタエンジン有限会社合弁契約」など締結
2004
平成16
2
自動車エンジン生産の合弁会社、広汽トヨタエンジン有限会社を設立
2
天津一汽トヨタ「カローラ」ラインオフ
3
プレス金型生産のトヨタ一汽(天津)金型有限会社を設立
3
自動車用エンジン生産の合弁会社、一汽トヨタ(長春)エンジン有限会社を設立
4
北京豊寧県の緑化システム構築の支援実施
9
広州トヨタ自動車有限会社(現 広汽トヨタ自動車有限会社)を設立
9
第一汽車集団とハイブリッド車の普及・発展についての協力合意を発表
11
トヨタ自動車技術センター(中国)有限会社、長春、北京に分室を設置
12
一汽トヨタ(長春)エンジン有限会社 V6エンジン ラインオフ
2005
平成17
1
広汽トヨタエンジン クランクカム生産開始
3
清華大学の公共管理学院に「産業発展と環境ガバナンス研究センター」(CIDEG)を設立
3
天津一汽トヨタ「クラウン」ラインオフ 
4
一汽幹部研修受入
4
四川トヨタ自動車有限会社を四川一汽トヨタ自動車有限会社に社名変更
7
四川一汽トヨタが、長春一汽豊越汽車有限公司を吸収合併し、四川一汽トヨタ自動車有限会社(長春豊越会社)が成立
7
中国青年トヨタ環境保護支援プログラムを創設
8
一汽集団公司とトヨタ自動車、「プリウス技術ライセンス契約」締結
10
天津一汽トヨタ「レイツ」ラインオフ
10
広汽トヨタエンジン エンジンASSY生産開始
10
北京市交通安全管理局と共同で体験型安全運転講習会を開催
11
北京市小学生向け道路横断用プラカードを贈呈
12
四川一汽トヨタ自動車有限会社(長春豊越会社)「プリウス」ラインオフ
2006
平成18
3
清華大学と共同研究を実施するための研究センターを設立
3
中西部地域の学生を支援する助学基金を設立
5
広州トヨタ「カムリ」ラインオフ
7
一汽轎車会社(FCC)にて「新紅旗」ラインオフ式典
11
広州市で体験型安全運転講習会実施
11
一汽轎車会社(FCC)にて「新紅旗」号口生産開始
2007
平成19
3
「中国青年環境保護賞」2006年度表彰式開催
4
自動車整備技術者育成プログラム発表
5
天津一汽トヨタ「新カローラ」ラインオフ
7
同方環球(天津)物流有限会社を設立
11
上海交通安全体験活動実施
12
四川一汽トヨタ自動車有限会社(長春豊越会社)「ランドクルーザー 200」ラインオフ
2008
平成20
2
天津一汽トヨタ「ヴィオス」モデルチェンジラインオフ
5
広州トヨタ「ヤリス」ラインオフ
5
緑化センター設立式典開催
9
広州トヨタ自動車有限会社を広汽トヨタ自動車有限会社に社名変更
9
技能工養成センター第7期支援調印式
2009
平成21
3
天津一汽トヨタ「RAV4」ラインオフ
5
広汽トヨタ「ハイランダー」ラインオフ
8
天津交通安全体験活動開催
12
天津一汽トヨタ「クラウン」モデルチェンジラインオフ
2010
平成22
4
広汽トヨタ「カムリ ハイブリッド」販売開始
5
四川一汽トヨタ移転開業式
5
四川一汽トヨタ「ランドクルーザー プラド」モデルチェンジラインオフ
10
CATARC(中国汽車技術研究中心)と天津市での「プリウス プラグインハイブリッド」共同実証実験に合意
11
トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社設立
2011
平成23
8
広汽トヨタ生産累計100万台達成
9
天津一汽トヨタエンジン、エンジン生産累計200万基を達成
10
トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社で定礎式実施
10
広汽トヨタエンジンでARエンジンの生産開始
12
広汽トヨタ「カムリ」モデルチェンジラインオフ
12
四川一汽トヨタ自動車有限会社(長春豊越会社)で3代目「プリウス」の生産開始

このページの先頭へ